FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩..................御朱印巡り       《於岩稲荷 長照山 陽運寺》 (2020年2月21日)(東京都新宿区) 

2月21日

この日は、健康診断(再検査)。
都内に出たので、その帰りに御朱印巡りの都内散歩。


於岩稲荷田宮神社をあとにして、信濃町駅方面に足を進めたら
こんな幟を目にした。

     20200221陽運寺06

『於岩稲荷霊神』とある。
於岩稲荷田宮神社とは違うのか?



どう見ても寺院のような雰囲気。
山門前にはこんな寺号標。

     20200221陽運寺01

四谷怪談 お岩さま縁の寺 長照山 陽運寺 とある。



陽運寺は、江戸時代に「東海道四谷怪談」が世に広まり、
お岩様が庶民の畏敬を集めました。
この地にあったお岩様の霊堂が戦災にあったため
栃木県沼和田から薬師堂を移築再建し、開山されました。

境内にある秦山木の下にお岩様縁の祠があったと伝えられ、
陽運寺の起源とされています
薬師堂は250年以上の歴史ある建物で、堂内にはお岩様の立像が奉祀され、
厄除け、ご縁事、芸能事に霊験があると多くの参拝者の信仰を集めています。




こちらが山門。

     20200221陽運寺02



山門に掲げられた扁額。

     20200221陽運寺03


山門には於磐城稲荷の提灯も飾られています。

     20200221陽運寺04



こちらの陽運寺、縁切り寺としても有名ですか
お岩さんを祀っている関係からか縁結びの寺院としても知れ渡っているらしい。

     20200221陽運寺05



山門の先、参道のキツネ。

     20200221陽運寺07


     20200221陽運寺08

稲荷神社の場合、神使いのキツネと称しますが
寺院の場合はどういう扱いなのか?
この辺りの神仏習合は難しい、



手水舎。

     20200221陽運寺09



こちらが本堂。

     20200221陽運寺10



本堂正面。

     20200221陽運寺11


     20200221陽運寺12



赤い提灯が一際目立ちます。

     20200221陽運寺13



本堂前の狛犬。

     20200221陽運寺14


     20200221陽運寺15



境内の祠。
この場合も境内社と言って良いのだろうか?

     20200221陽運寺16


     20200221陽運寺17



お岩様 縁の井戸。

     20200221陽運寺18



水掛け福寿菩薩。

     20200221陽運寺19



お岩稲荷霊堂再建記念碑。

     20200221陽運寺20



百度石。

     20200221陽運寺21



こちらが授与所。

     20200221陽運寺22


拝受した御朱印がこちら。

     20200221陽運寺23


こちらも書置き版ですが、こちら以外にも
月替わりの御朱印も頒布されているようです。



関連記事
スポンサーサイト



2020/04/09 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit