FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

稲荷神社  (2020年2月18日)(千葉県千葉市中央区) 

2月18日


この日は、千葉市に出かけました。
 
今井神社をあとにして、本来の目的地へと向かう道中に、
古めかしい(?)神社を見かけ、Uターン。

立ち寄ったのは.........稲荷神社。

稲荷神社は、千葉市中央区稲荷町に鎮座する神社です。

おそらく、古くから稲荷神社が在るから
地番も稲荷町になったのでしょう。

創建年代は不詳ですが、日本武尊が東国征伐の際に
駒原神社として豊宇受大神を祀ったとされています。
また、史書によれば千葉常兼が大治元年(1126年)猪鼻に居館を構え、
当社(御達報の稲荷大明神)を、千葉氏の守護神として崇敬したとされています。
江戸時代には旗本深尾八太夫が当社を復興したとされています。

御祭神は、豊宇気比売命、久久能知命。



社号標。

     20200218稲荷神社01



神社社頭。

     20200218稲荷神社02



由緒書き。

     20200218稲荷神社03



鳥居脇の神使いのキツネ。

     20200218稲荷神社04


     20200218稲荷神社05



手水舎。

     20200218稲荷神社06



参道の狛犬。

     20200218稲荷神社07


     20200218稲荷神社08



拝殿。

     20200218稲荷神社09



拝殿正面。

     20200218稲荷神社10


     20200218稲荷神社11



別アングルからの拝殿。

     20200218稲荷神社12


     20200218稲荷神社13



そして、こちらが本殿。

     20200218稲荷神社14



拝殿前の天水桶。

     20200218稲荷神社18



拝殿前の神使いのキツネ。

     20200218稲荷神社16


     20200218稲荷神社17




びいすけ も参拝します。

     20200218稲荷神社15




境内社。

     20200218稲荷神社25


拝殿脇には、小さな祠も建ち並ぶ。

     20200218稲荷神社19



忠魂碑などの板碑。

     20200218稲荷神社20



甘藷澱粉製造記念碑。

     20200218稲荷神社21



枝打ちされたごしんぼく。

     20200218稲荷神社22


       20200218稲荷神社23
   20200218稲荷神社24


枝打ちされた御神木が数本立つ境内。
きっと以前は、鬱蒼とした境内だと思うけれど
今は陽も良くあたり、明るい境内になったんでしょう。


社務所は在るものの、閉ざされていて無人。
連絡先の宮司さん宅に電話しても不在。
御朱印の有無の確認は取れませんでした。



関連記事
スポンサーサイト



2020/04/06 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit