FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて............... 真壁小学校  (2020年2月17日)(茨城県桜川市) 

2月17日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。

紫尾小学校をあとにして、向かった先は...............桜川市立真壁小学校。

真壁小学校は、

明治6年      旧笠間藩陣屋官舎を借用して真壁小学校が創立される。
明治16年     高等真壁小学校と改称する。
明治25年     真壁町立真壁尋常小学校と改称する。
明治42年     真壁町立真壁尋常高等小学校と改称する。
昭和22年     学制改革により.真壁町立真壁小学校と改称する。
平成17年     真壁町が岩瀬町、大和村と合併して桜川市が誕生。
          桜川市立真壁小学校と改称する。
平成30年     紫尾小学校、真壁小学校、桃山中学校統合して、
         小中一貫校『桃山学園』が発足する。
         真壁小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。




こちらが、真壁小学校の正門のようです。

     20200217真壁小学校01



真壁石を使った門柱。

     20200217真壁小学校02



ポツリ、ポツリと小雨に濡れる門柱。

     20200217真壁小学校03


門柱に残る表札。

     20200217真壁小学校04



廃校は平成30年の3月。
今から約2年前。
校舎はすでに解体され、跡地は更地状態。

     20200217真壁小学校05



     20200217真壁小学校08



校庭跡には、遊具も残されていなくて殺風景。

     20200217真壁小学校09


     20200217真壁小学校13





こちらも校門跡。

     20200217真壁小学校06

こちらには、コミュニティバスのバス停があります。
バス停名は『旧・真壁小学校』となっています。



石造りの古い門柱。

     20200217真壁小学校07

きっと、かつての正門に使われていた門柱なんでしょう。



そして、こちらも校門跡。

     20200217真壁小学校10



4〜5年前に廃校になる前の真壁小学校を見に来た時、
この門の近くまで来た事があります。

     20200217真壁小学校11



昭和61年度の卒業生が建立したモノなんですね。

     20200217真壁小学校12




校舎は解体されて残っていませんが
プールと体育館は残っています。


プールのフェンスの基礎部には、子供達の作ったレリーフが埋め込まれています。

     20200217真壁小学校14


     20200217真壁小学校15



こちらは、体育館。

     20200217真壁小学校16

体育館は、そのまま市民体育館として活用されているようです。



そして、その体育館の中庭に真壁小学校の遺構が移設されています。



二宮像。

     20200217真壁小学校17


     20200217真壁小学校18



タイトルは不明、少年少女の像。

     20200217真壁小学校19



ボールを持つ子供の像。

     20200217真壁小学校20



『むぎ』というタイトルの麦を抱える子供の像。

     20200217真壁小学校21



こちらは、真壁小学校創立百周年記念碑。

     20200217真壁小学校22


     20200217真壁小学校23



こちらの訓辞の碑。

     20200217真壁小学校24



そして、小振りながら『閉校記念碑』。

     20200217真壁小学校25


     20200217真壁小学校26

yしゃり、形の大きさは別として、
『閉校記念碑』、『学校跡碑』と言った類いの碑が在るのと、
無いのとでは、こちらのテンションも変わってくる。

と言うことは、それ以上に卒業生にとっても
受け止め方が変わってくるんだろう。
やっぱり、自分の母校は忘れられないものなんでしょう.................。





関連記事
スポンサーサイト



2020/04/01 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit