FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.........椎尾山薬王院   (2020年2月17日)(茨城県桜川市) 

2月17日

この日は、茨城県の桜川市に出かけました。


椎尾不動滝をあとにして、向かった先は...............椎尾山薬王院。

椎尾山薬王院は、標高200mの椎尾山中にあり、
延歴元年(782年)最仙上人が開山したと伝えられる天台宗の古刹です。
県指定文化財天然記念物であるスダジイ(椎の木)の巨木群生地でもあります。
境内には名大工桜井一門の手による三重塔(県指定文化財)や
仁王門(市指定文化財)などが建造され、
古来より病気平癒の霊場で知られています。



薬王院の寺号標。

     20200217薬王院01



時期的に真壁のひなまつりの開催時期。
こちらの薬王院もひなまつりの会場の一つのようです。

     20200217薬王院02


     20200217薬王院03


薬王院の参拝順路ごあるようですが
とりあえず、駐車場から一番近い阿弥陀堂へ。


この石段の先が阿弥陀堂。

     20200217薬王院04

     20200217薬王院05


こちらが、阿弥陀堂。

     20200217薬王院25


阿弥陀堂前のお地蔵さん。

     20200217薬王院30


そして、その隣には『ふどうの水』。

     20200217薬王院29



では、順路に従って廻ってみましょう。



こちらは、楼門。

     20200217薬王院06


     20200217薬王院07



楼門の脇には大きな下駄と草鞋。

     20200217薬王院08



楼門脇に建つ説明板。

     20200217薬王院09


     20200217薬王院10



楼門の先は、勾配のきつい石段。

     20200217薬王院11

この石段の先には薬王院の本堂が待っています。


石段を上がりました。

     20200217薬王院12


手水舎。

     20200217薬王院13



本堂正面。

     20200217薬王院14


     20200217薬王院16



扁額。

     20200217薬王院15



本堂前の仏像。

     20200217薬王院17


仏像には詳しくありませんが、
どうやら、こちらが薬師如来像のようです。

     20200217薬王院21




鐘楼。

     20200217薬王院18



三重塔。

     20200217薬王院19



三重塔とスダジイ。

     20200217薬王院22


薬王院はスダジイの群生地。

     20200217薬王院20



     20200217薬王院23



樹齢500年とされる古木のスダジイは圧巻。

     20200217薬王院35


     20200217薬王院36


     20200217薬王院37
     20200217薬王院38



境内の池にはひな人形が飾られている。

     20200217薬王院26


     20200217薬王院27


     20200217薬王院28


 
こちらは、授与所。

     20200217薬王院31



授与所は閉まっているけど
授与所の中にも、ひな人形が飾られています。

     20200217薬王院32


     20200217薬王院33

まさに、『真壁のひなまつり』の会場である。


平良兼の碑。

     20200217薬王院34

平良兼って平将門の叔父ではあるけれど、
不仲で将門との一族の対立の中心に立った人物。

確か、伝承になるけれど平良兼館がこの近くに在ったらしい。




こちらが、薬王院の御朱印。

     20200217薬王院39

『真壁のひなまつり』の会場でなければ、
きっと訪れる事もなかったでしょう。

七福神とかでは無くて、単なる御朱印が欲しくて寺院に訪れるのって
個人的には余りないから...............

薬王院の御朱印は
私の中では、ある意味で貴重な御朱印になるようです。


関連記事
スポンサーサイト



2020/03/31 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit