FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

江連用水旧溝宮裏両樋  (2020年2月10日)(茨城県下妻市) 

2月10日  

この日は、茨城県の下妻市に出かけました。

参拝に訪れた宗任神社。
そちらで、兼務社を含めた10社の御朱印を頂きましたが
さすがに10体の御朱印を書いて頂くのに
それなりの時間が掛かると言うことで、
宮司さんから、『待つ間に是非見て欲しい』とも言われ
ちょっぴり覗きに行ったのが............... 江連用水旧溝宮裏両樋。

江連用水旧溝宮裏両樋は、栃木県真岡市上江連を水源とし、
鬼怒川と小貝川に挟まれた地域のかんがい用として
明治33年に設けられた分水施設です。

かつて、江連用水には多数のレンガ水門が存在しましたが、
現存するのはこの水門のみとなってしまいました。

レンガ造りの東西二つの水門と、湾曲する擁壁が一体となっており、
上流からの水を等分して下流に流すことができる構造になっています

農業施設の文化財としては、かなり珍しいものだと言う事です。



宗任神社の裏参道口に建つ説明板。

     20200210江連用水旧溝宮03


     20200210江連用水旧溝宮04



こちらが、その『江連用水旧溝宮裏両樋』。

     20200210江連用水旧溝宮05



記念の顕彰プレートの碑も建ち並ぶ。

     20200210江連用水旧溝宮06


     20200210江連用水旧溝宮07



レンガ造りの水門。

     20200210江連用水旧溝宮13


     20200210江連用水旧溝宮11


このような水門が2基左右に並んで分水しています。

     20200210江連用水旧溝宮08


     20200210江連用水旧溝宮09



水門の上の びいすけ 。

     20200210江連用水旧溝宮12



ちょっぴり、びびり顔(笑)

     20200210江連用水旧溝宮10



やっぱり、この位置の方が びいすけ は、落ち着くみたい。

     20200210江連用水旧溝宮02



水門の下流。

     20200210江連用水旧溝宮01

穏やかな流れです。



実際に流れている水量が少なくて、今イチ感が否めない。
農繁期の水量が多い時であれば、それなりに凄さを感じるのだろうか.........?








関連記事
スポンサーサイト



2020/03/21 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit