FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............銭谷稲生神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

竈神社をあとにして、向かった先は............銭谷稲生神社。

銭谷稲生神社は、水戸市浜田に鎮座する神社です。

銭谷稲生神社が鎮座するこの地は、
かつて「水戸銭」と呼ばれる寛永通宝を鋳造していた場所とされ、
その由来から「銭谷鋳銭場」とも言われています。
徳川幕府は銅銭に関しては公鋳銭というものがなかったのですが、徳川家光の時代である寛永3年(1626年)に常陸水戸の富商・佐藤新助が、江戸幕府と水戸藩の許可を得て鋳造していた私鋳銭、いわゆる「寛永通宝」を寛永13年(1636年)に公鋳銭として採用しました。
江戸期に通用していた「寛永通宝」の発祥の地であり、江戸期には鋳銭をしていたことから開放されていませんでしたが、一般に公開されたのは明治以降と言われる神社です。

祭神は、保食命(うけもちのみこと)。



玉垣に刻まれた社号。
いわゆる社号標みたいなモノ。

     20200125銭谷稲生神社01


神社社頭。

     20200125銭谷稲生神社02



鳥居脇の狛犬。

     20200125銭谷稲生神社03


     20200125銭谷稲生神社04



社号には稲荷神社の記されてはいないし、
狛犬が居るから、稲荷神社っぽくないけれど
朱色の鳥居が並ぶと稲荷神社の雰囲気は満載。

     20200125銭谷稲生神社05



手水舎。

     20200125銭谷稲生神社06



拝殿。

     20200125銭谷稲生神社07


拝殿正面。

     20200125銭谷稲生神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200125銭谷稲生神社08



別アングルからの拝殿。

     20200125銭谷稲生神社10


そして、こちらが本殿。

     20200125銭谷稲生神社11



びいすけ も参拝。

     20200125銭谷稲生神社12



拝殿左側の参道口。

     20200125銭谷稲生神社13

西参道になるのか?


鳥居に掲げられた神額。

     20200125銭谷稲生神社14


鳥居脇の神使いの狐。

     20200125銭谷稲生神社15


特徴ある顔つきをしています。

     20200125銭谷稲生神社16



こちらは、拝殿前の神使いの狐。

     20200125銭谷稲生神社17


     20200125銭谷稲生神社18



敷地の一角には、風化した大小の狐が並ぶ。

     20200125銭谷稲生神社19

稲荷神社ではよく見かける風景。



境内社。

     20200125銭谷稲生神社20


     20200125銭谷稲生神社21


     20200125銭谷稲生神社23


     20200125銭谷稲生神社25



小さな祠も建ち並ぶ。

     20200125銭谷稲生神社22


     20200125銭谷稲生神社24



こちらは、『鋳銭場跡』の碑。

     20200125銭谷稲生神社26



水戸大黒銭の碑。

     20200125銭谷稲生神社27


こちらは、銭塚。

     20200125銭谷稲生神社28


『銭谷盆唄発祥の地』の碑。

     20200125銭谷稲生神社29

やはり、『寛永通宝』絡みの碑が多い。



赤い奉納幟。

     20200125銭谷稲生神社30

稲荷神社で良く見かける幟です。


こちらが社務所。

     20200125銭谷稲生神社31

中に氏子さんが数人居ましたが、お邪魔をしても申し訳ないので
声をかけるのを遠慮しました。



こちらが、銭谷稲生神社の御朱印。

     20200125銭谷稲生神社32

本務社の吉田神社にて拝受いたしました。



関連記事
スポンサーサイト



2020/03/01 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit