FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............水戸神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

笠原水道をあとにして、水戸神社を参拝します。


水戸神社は、水戸市笠原に鎮座する神社です。
こちらも、常陸国三宮 吉田神社の兼務する神社です。

江戸時代以前から水戸台地に水戸明神として鎮座していた神社で、
徳川光圀の時代に吉田神社の境内に遷され、
1843年(天保14年)に現在の位置に遷されました。
水戸台地にあったころから、水戸明神の御手洗は水戸の水と呼ばれ、
水の神様として尊崇されていました。
現在の場所に遷されたのは、そのご利益にあやかって、
笠原水道の水源地を守り、水源地の水を清めるためだとされています。

江戸時代を通じて笠原水道を清め、守り続けた神社であり、
水難や水に関するご利益に実績がある神社とされています。


御祭神は、速秋津彦命。



笠原水道の竜頭共用栓脇の石段が水戸神社の参道口になります。

      20200125水戸神社01



石段入口にロープが張られ、こんな看板が...............

      20200125水戸神社02

どうやら、台風で石段が崩壊してしまったようです。
ここで参拝しろと言われても、参拝した気になれない。


近くを犬を連れて散歩している方に聞いてみたら
かなり遠回りになるけど、10分程歩けば別な道もあるらしい。


と言う事で、ぐるっと大回りして水戸神社を目指します。


先ずは赤い橋を渡って、川沿いに進み台地の脇に出ます。

      20200125水戸神社03


それからは上り坂。
水戸保健所の脇を通り、笠原緑地に入って行きます。

      20200125水戸神社04


      20200125水戸神社05


ここが、緑地の入口のようです。

      20200125水戸神社06



この先に水戸神社があるようですが、参道とは言い難い。

      20200125水戸神社07


まるで、城址巡りをしているような感覚。

      20200125水戸神社08


神社の一角に出る所は、まるで郭の虎口のように見えたりする。

      20200125水戸神社09



竜頭共用栓奥の石段上部。

      20200125水戸神社10

こちらにも規制線のロープが張られているけど
石段は崩落していないみたい。
おそらく、崩落しかけていて危険なんでしょうね。


石段から振り返ると朽ちた建物。

      20200125水戸神社11

これが水戸神社?


屋根は潰れているし...............。

      20200125水戸神社12



中は殆どカラに近い(?)

      20200125水戸神社13


水戸神社だと思っていたら、違っていました。
笠原不動尊と説明板には記されています。

      20200125水戸神社14

水戸神社は笠原不動尊の先に鎮座しているようです。


手水鉢。

      20200125水戸神社15


この石段の先が水戸神社。

      20200125水戸神社16


水戸神社の説明板。

      20200125水戸神社17

由緒書きのようなモノですね。


参道の先に小振りな社。

      20200125水戸神社18


どうやら、こちらが水戸神社のようです。

      20200125水戸神社19



社殿正面。

      20200125水戸神社25


      20200125水戸神社20


別アングルから。

      20200125水戸神社21


      20200125水戸神社22



びいすけ も参拝。

      20200125水戸神社23



小さな社だから、社務所もない。
御朱印は、本務社で頂く事になります。


こちらが水戸神社の御朱印。

      20200125水戸神社24

本務社の吉田神社にて拝受いたしました。


この地域の水戸が社号の水戸神社。
意外にも小さな社で、正直言うと名前負け?
そんな気がしたのは、私だけだろうか.............?






関連記事
スポンサーサイト



2020/02/28 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit