FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............御朱印巡り  《 日本橋日枝神社 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。

小網神社にて日本橋七福神巡りも完了。
小網神社をあとにして、向かった先は...............日本橋日枝神社 山王御旅所。

日本橋日枝神社は、中央区日本橋茅場町に鎮座する神社です。


天正十八年(1590)、徳川家康公が江戸城に入城し、
日枝大神を崇敬されて以来、御旅所のある「八丁堀北嶋(鎧島)祓所」まで
神輿が船で神幸された事に始まります。

元々は独立した神社でしたが、「山王日枝神社」(千代田区永田町)が
官幣大社に昇格した際に「山王日枝神社」の摂社に指定されました。

古くは「山王御旅所」と称されていましたが、「日本橋日枝神社」の他、
「摂社日枝神社」「日枝神社日本橋摂社」などと称される事も多いようです。



御祭神は、日枝大神(大山咋神・国常立神・伊弉冉神・足仲彦尊)
相殿神として、菅原大神(菅原道真公)・稲荷大神(宇氣母智神)・浅間大神(木花佐久夜比売命)。



神社社頭。

     20200105日本橋日枝神社01



参道口に建つ由緒書き。

     20200105日本橋日枝神社02



参道の鳥居。

     20200105日本橋日枝神社03
 


手水舎。

     20200105日本橋日枝神社04



狛犬。

     20200105日本橋日枝神社05


     20200105日本橋日枝神社06




神社社頭ではなく境内、それも拝殿の斜め前に建つ社号標。

     20200105日本橋日枝神社14



戦前に建てられた社号標には、
「官幣大社日枝神社 摂社日枝神社」の文字が刻まれています。

     20200105日本橋日枝神社07



そして、こちらが拝殿。

     20200105日本橋日枝神社08



拝殿正面。

     20200105日本橋日枝神社09


     20200105日本橋日枝神社10



別アングルからの拝殿。

     20200105日本橋日枝神社11



そして、こちらが本殿。

     20200105日本橋日枝神社12



拝殿前の天水桶。

     20200105日本橋日枝神社13





境内社・明徳稲荷神社。

     20200105日本橋日枝神社15


     20200105日本橋日枝神社16




社殿と御神木。

     20200105日本橋日枝神社17
     20200105日本橋日枝神社18
     20200105日本橋日枝神社19


御朱印は、授与所にて拝受出来ます。

     20200105日本橋日枝神社20



こちらが、日枝神社の御朱印。

     20200105日本橋日枝神社21

赤坂の日枝神社もそうですが、御朱印込みで御朱印帳が千円の初穂料。
当然、御朱印帳を頂きました。


関連記事
スポンサーサイト



2020/02/16 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit