FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 日本橋七福神  布袋尊 茶の木神社 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。

末廣神社をあとにして七福神巡りは続きます。
日本橋七福神巡り、その第7弾。

向かった先は..............茶の木神社。

茶の木神社は、中央区日本橋人形町に鎮座する神社です。

社地は、下総佐倉藩大名や幕府大老を務めた堀田家の中屋敷地であり、
その守護神として祀られたものだそうです。
社の周囲に植え込まれた茶の木の緑が実に見事であったと伝えられ、
これが社号の由来となったとされています。

堀田家では年一回初午祭の日のみ開門し、一般の参拝を許可していたそうです。
明治維新後は、色々と管理者が変遷し、関東大震災後は喜誠会により社が造営管理され、1現在の茶ノ木神社世話人会へ受け継がれているそうです。

御祭神は、倉稲魂大神。


日本橋七福神の布袋尊となっています。



日本橋七福神は、東京の中央区にある神社8社で構成される七福神巡りです。
多くの七福神めぐりは神社とお寺が混ざっていますが、
神社だけで構成される日本でも珍しい「七福神巡りです。

その構成は

恵比寿神    寳田恵比寿神社
恵比寿神    椙森神社
布袋尊     茶の木神社
大黒天     松島神社
毘沙門天    末廣神社
弁財天     水天宮
弁財天     小網神社
福禄寿     小網神社
寿老人     笠間稲荷神社

と、恵比寿神と弁財天が重複していますが8社を巡っての七福神となります。

また、布袋尊は、弥勒菩薩の化身と言われ、いつも笑顔を絶やさず人々に接していた人で、
大きな袋には宝物がいっぱい入っていて、信仰の厚い人に与えられたということです。
笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰されています。



水天宮を参拝する(御朱印拝受までの時間を含めて)のに小一時間掛かってしまい、
時刻はお昼を回ったしまいました。
この辺りから、日本橋七福神の神社にも人が多く集まる(並ぶ)ようになってきたようです。


茶の木神社の前にも列が出来ています。

     20200105茶ノ木稲荷神社01



列の最後尾に並び、参拝の順番待ち。

     20200105茶ノ木稲荷神社02



ゆっくりと列が動いて行きます。

     20200105茶ノ木稲荷神社16


     20200105茶ノ木稲荷神社03

10分ほど並んで順番がやって来ます。


鳥居に近づきました。

     20200105茶ノ木稲荷神社04


鳥居に飾られた神額。

     20200105茶ノ木稲荷神社05



手水舎。
     20200105茶ノ木稲荷神社06

この場合は、手水鉢でしょうか?



社殿前には神使いの狐。

     20200105茶ノ木稲荷神社07


     20200105茶ノ木稲荷神社08


社殿正面。

     20200105茶ノ木稲荷神社09



別アングルから。

     20200105茶ノ木稲荷神社10



社殿前には由緒書き。

     20200105茶ノ木稲荷神社11


『日本橋七福神 布袋尊』の幟もはためく。

     20200105茶ノ木稲荷神社12


仮設テントの授与所。

     20200105茶ノ木稲荷神社13

御朱印はこちらで頒布。
順番待ちの番号札。


そか、拝受した御朱印がこちら。

     20200105茶ノ木稲荷神社14



こちらは、『日本橋七福神 布袋尊』の御朱印。

     20200105茶ノ木稲荷神社15


日本橋七福神巡り、あと少しで結願となります。





     
関連記事
スポンサーサイト



2020/02/15 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit