FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 日本橋七福神  弁財天 水天宮 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。

笠間稲荷神社東別社をあとにして七福神巡りは続きます。
日本橋七福神巡り、その第6弾。

向かった先は..............水天宮。


水天宮は、中央区日本橋蛎殻町に鎮座する神社です。
福岡県久留米市に鎮座する久留米水天宮の分社とされています。

文政元年(1818年)久留米藩9代藩主・有馬頼徳が
江戸・三田赤羽の久留米藩・江戸上屋敷に邸内社として、
福岡・久留米水天宮の分霊を勧請したのが始まりとされています。

邸内社であったため、一般町民の参拝が許されていませんでしたが、
塀越しに賽銭を投げ入れる人が後を絶たず、ついには、毎月五の日には参拝を願う庶民のため門戸を開放したそうです。

明治4年(1871年)有馬家屋敷の移転とともに赤坂に遷座し、
翌年の明治5年に、有馬家中屋敷のあった現在の日本橋蛎殻町2丁目に遷座しました。


御祭神は、天御中主大神 安徳天皇 建礼門院 二位ノ尼


日本橋七福神として、弁財天が祀られています。


日本橋七福神は、東京の中央区にある神社8社で構成される七福神巡りです。
多くの七福神めぐりは神社とお寺が混ざっていますが、
神社だけで構成される日本でも珍しい「七福神巡りです。

その構成は

恵比寿神    寳田恵比寿神社
恵比寿神    椙森神社
布袋尊     茶の木神社
大黒天     松島神社
毘沙門天    末廣神社
弁財天     水天宮
弁財天     小網神社
福禄寿     小網神社
寿老人     笠間稲荷神社

と、恵比寿神と弁財天が重複していますが8社を巡っての七福神となります。

弁財天は、七福神の中で、唯一の女神です。
元々はインド河(水)の神でしたが、やがて音楽の神、言語の神となり、
日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれていました。
その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収されて、弁財天と呼ばれるようになり、
財宝を授けてくださる神へとなったとされています。
知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があると言われています。



地下鉄の駅前、その名も『水天宮前』駅のすぐそば。
新大橋通りの「水天宮前」交差点。

     20200105水天宮39

立派な社が見えます。



社号標。

     20200105水天宮01



こちらも都内の一等地の神社。
それなりの敷地を有するが社殿以外は、ほぼ4階建て(?)のビル。
境内は2階相当部になります。

ビルの階段のような参道を上がります。

     20200105水天宮02


水天宮の提灯がお出迎え。

     20200105水天宮03



単なる階段だと思っていたら、随身門のようでした。
壁に見える両脇に随身像が鎮座しています。

     20200105水天宮04


     20200105水天宮05


階段を上がれば鳥居。

     20200105水天宮06


そして狛犬。

     20200105水天宮07


     20200105水天宮08

この狛犬は、タイヤで有名なブリジストンの創業者一族である石橋家が奉納したものらしい。


手水舎。

     20200105水天宮09



定番の龍の吐出口。

     20200105水天宮10


こちらが、拝殿。

     20200105水天宮11



やはり、著名な神社。
初詣の参拝者が多い。
5列に並んで参拝の順番待ち。

     20200105水天宮12


拝殿正面。

     20200105水天宮13


     20200105水天宮14


拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200105水天宮15


5列に並んでも、列進みは遅い。

     20200105水天宮16

都心のメジャーな神社は、この時期コレだから
正直言って苦手です。



別アングルからの拝殿。

     20200105水天宮17



そして、こちらが本殿。

     20200105水天宮18



拝殿正面から飾られた提灯。

     20200105水天宮19



境内には、拝殿の参拝者土橋べな列も出来ています。

     20200105水天宮20

境内社の宝生辨財天に並ぶ列です。


日本橋七福神巡りに来たんだから、
宝生辨財天も参拝しなくちゃ片手落ち。

     20200105水天宮21


こちらも、それなりに長い列。

     20200105水天宮23


それでも、何とか宝生辨財天も参拝出来ました。

     20200105水天宮24


     20200105水天宮25



宝生辨財天の由緒書きと言うか、説明板。

     20200105水天宮26


社の正面に飾られた提灯。

     20200105水天宮27



境内社。

     20200105水天宮28


     20200105水天宮29



安産子育河童

     20200105水天宮30




こちらが、子宝いぬ

     20200105水天宮31

台座の周囲を取り巻く十二支から自分の干支を撫でると、
安産、子授け、無事成長など様々なご利益があると言われているらしい。


境内に、仮設の授与所(テント)がありましたが、
御朱印は4階の授与所で頒布されています。

     20200105水天宮32



こちらが、水天宮の御朱印。

     20200105水天宮33



期間限定の見開きの御朱印が2種。

     20200105水天宮34


     20200105水天宮35



戌の御朱印。

     20200105水天宮36



宝生辨財天の御朱印。

     20200105水天宮37


そして、日本橋七福神 弁財天 の御朱印。

     20200105水天宮38


拝受した御朱印は、合計6体。
初穂料は4000円。

いやぁ、安くはないですねぇ。



関連記事
スポンサーサイト



2020/02/15 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit