FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............御朱印巡り  《 三光稲荷神社 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日 

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。
日本橋七福神巡りをしていますが、その順路途中に鎮座する神社も参拝いたします。

椙森神社をあとにして、向かった先は...............三光稲荷神社。


三光稲荷神社は、中央区日本橋掘留町に鎮座する神社です。

慶長8年(1603年)、当時の長谷川町に居住された絹布問屋の田原屋村越庄左衛門、
木綿問屋の建石三蔵の両家が、海岸を埋立てて貸家をたて大地主となり、
その土地の鎮守として祀ったのが創建とされるそうです。

大正12年(1923年)の関東大震災で社殿を焼失しましたが、
翌年に再建されます。その時に区画整理によって長谷川町と田所町が合併して
堀留町二丁目となり、その際に田所稲荷が合祀されたそうです。


御祭神は、三光稲荷大神・田所稲荷大明神。



大通り(人形町通り)に面した参道口には、社号標代わり
『三光稲荷神社』参道と記された碑が建っている。

      20200105三光稲荷神社01



鳥居の形を模した看板。
この先左側に三光稲荷神社は鎮座しています。

      20200105三光稲荷神社02



看板の傍には由緒書き。

      20200105三光稲荷神社03



こちらが三光稲荷神社。

      20200105三光稲荷神社04


やはり、中央区という都心の一等地の神社。
敷地も狭く小さな神社です。

      20200105三光稲荷神社05

でも小さいからって言っても、こちらも歴史ある神社には違いない。



鳥居に掲げられた神額。

      20200105三光稲荷神社06



鳥居の脇には狛犬。
あれ? 稲荷神社だから狐じゃないの?

      20200105三光稲荷神社07

そんな疑問も湧きますが、
この際細かいことは気にしない事にしよう。



手水鉢。

      20200105三光稲荷神社08



こちらが社殿。

      20200105三光稲荷神社09



社殿に飾られた獅子頭。

      20200105三光稲荷神社10



社殿正面に掲げられた扁額。

      20200105三光稲荷神社11



その隣には、別な扁額。

      20200105三光稲荷神社12

こちらの扁額は、神田神社の宮司であられる平田盛胤氏の揮毫だとされています。

普段は無人の神社ですが、この七福神の時期は氏子さんが交代で対応をされています。
この日当番の氏子さんから、
『是非、この扁額の写真を撮って帰ってください』と言われちゃいました。

長谷川町と記された扁額にこだわりを持っていらっしゃるようですね。



社殿正面に飾られた提灯。

      20200105三光稲荷神社13



こちらが社務所。

      20200105三光稲荷神社14

先ほど述べたように、普段は無人の神社ですが
この時期だけは特別。
テーブルを置かれて、氏子さんが応対してくれます。
お神酒を勧められましたが、夕方に車を運転するので
丁重に辞退致しました。


こちらが、御朱印。

      20200105三光稲荷神社15

書き置きですが、今や500円の初穂料が多い中、
(って言うか、都内は500円が相場になりつつある。)
300円と言う良心的な初穂料。

嬉しいですねぇ..................。




関連記事
スポンサーサイト



2020/02/13 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit