FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 日本橋七福神 恵比寿  宝田恵比寿神社 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

ここ何年か正月期間に七福神巡りを行っています。
以前は びいすけ を連れて、境内に七福神の像のある社寺仏閣を中心に巡っていましたが、御朱印を受けるようになってからは御朱印の頒布されている七福神巡りへと変わりつつあります。

今回は、びいすけ は留守番。日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。

福徳神社をあとにして、日本橋七福神巡りを始めます。
向かった先は...............寳田恵比寿神社。


寳田恵比寿神社は、中央区日本橋本町に鎮座する神社です。

社伝によれば、創建年代は不詳ですが、
徳川家康が江戸入府以前は、宝田村の鎮守として「宝田稲荷」と称され崇敬を集めていたそうです。
元は稲荷信仰の神社でありましたが、慶長11年(1606年)、江戸城拡張のため、宝田村・祝田村・千代田村の三か村が移転を命じられ、馬込勘解由と云う人物が当社を遷座させ、住民を引率して大伝馬町に集団移動したと伝えられています。

御祭神は、宇迦之御魂神・事代主命・少彦名命・大国主神・大己貴命・素盞嗚命


そもそも日本橋七福神は、東京の中央区にある神社8社で構成される七福神巡りです。
多くの七福神めぐりは神社とお寺が混ざっていますが、
神社だけで構成される日本でも珍しい「七福神巡りです。

      20200105宝田恵比寿神社16

その構成は

恵比寿神    寳田恵比寿神社
恵比寿神    椙森神社
布袋尊     茶の木神社
大黒天     松島神社
毘沙門天    末廣神社
弁財天     水天宮
弁財天     小網神社
福禄寿     小網神社
寿老人     笠間稲荷神社

と、恵比寿神と弁財天が重複していますが8社を巡っての七福神となります。


その日本橋七福神の第1弾が寳田恵比寿神社の恵比寿神です。


恵比寿神は、七福神の中で唯一の日本の神様とされています。
イザナミノミコト、イザナギノミコトの二神の第三子と言われ、
満三歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、
やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、
信仰の始まりと伝えられています。
左手に鯛を抱え、右手に釣竿を持った漁業の神ですが、
特に商売繁昌の神様としても信仰が厚いとされています。



こちらが、社号標。

      20200105宝田恵比寿神社01


社号標の前に、御朱印の初穂料が堂々と掲げられていると
若干の興醒めを感じてしまう。

      20200105宝田恵比寿神社02

昨今の御朱印ブームを反映しての事だとは思うけれど、
単純に、七福神巡りをしたい人もいるはず。

まあ、御朱印ブームに乗っかっている私が言う事でもないのかも知れないけどね。





アスファルトの道路とコンクリートの駐車場に囲まれた一角に
ポツンと鎮座している神社。

      20200105宝田恵比寿神社03

意外に小振りな神社。
でも神社は、お社の大きさや、敷地の広さが全てでは無い。
そんなものは関係ないと思っている。



社殿の脇に掲げられた由緒書き。

      20200105宝田恵比寿神社04



改めて、鳥居と社殿。

      20200105宝田恵比寿神社05





鳥居に掲げられた神額。

      20200105宝田恵比寿神社07



社殿正面。

      20200105宝田恵比寿神社06




別アングルから。

      20200105宝田恵比寿神社08


      20200105宝田恵比寿神社09



正面に飾られた提灯。

      20200105宝田恵比寿神社10


      20200105宝田恵比寿神社11



確かに、祭事ではあるが、本来あるべき案内板や説明板を
ポスター等で覆ってしまうのも如何なものか?

      20200105宝田恵比寿神社12

ちょっぴり、こだわり過ぎなのかなぁ?


社殿の奥に恵比寿像がこの期間は御開帳しているそうですが
御朱印の筆耕される氏子さんが居て、中に入るのも躊躇してしまいました。



仮設のテントも張られ、氏子さんたちの七福神巡りの準備も万全のようです。

      20200105宝田恵比寿神社13


      20200105宝田恵比寿神社14



こちらが、拝受した御朱印。

      20200105宝田恵比寿神社15


正月のこの七福神の期間と10月の『べったら市』の時にしか
御朱印は頒布されないようです。

ある意味、貴重な御朱印ですね。
そんな訳で、日本橋七福神巡りは続きます...................。







関連記事
スポンサーサイト



2020/02/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit