FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............御朱印巡り  《 福徳神社 》 (2020年1月5日)(東京都中央区) 

1月5日

個人的な連休2日目。
この日は、都内に出かけました。

ここ何年か正月期間に七福神巡りを行っています。
以前は びいすけ を連れて、
境内に七福神の像のある社寺仏閣を中心に巡っていましたが、
御朱印を受けるようになってからは、
御朱印の頒布されている七福神巡りへと変わりつつあります。

今回は、びいすけ は留守番。
日本橋七福神巡りをメインに都内・日本橋への散歩です。


JR神田駅から日本橋方面へと向かいます。
向かった先は...............福徳神社。



福徳神社は、中央区日本橋室町に鎮座する神社です。

創建時期等の詳細は不明ですが、
平安時代前期の貞観年間(859~876年)には
創建されていたと推測されています。
旧福徳村の稲荷神社として奉斎され、
社号もこの村名に由来しています。
古くは源義家が深く崇敬していたとされ、
江戸城を築城した太田道灌も狩の帰路に
しばしば参詣していたと言われています。

江戸幕府が出来る以前に太田道灌が合祀され、
その兜・矢・鏃などが奉納されたと伝わり、
また、徳川家康も数度にわたり参拝されたと言うことです。
二代将軍・徳川秀忠が樹皮付きの椚製の鳥居に若芽が萌え出ているのを見て、
「芽吹神社」との別称を命名したとされています。

幕府より社殿・施設修復費用捻出のため、
富くじ興行が許された社寺の一つでもあったことから、
社号「福徳」は縁起が良いとして大層賑わったと言われています。


御祭神は、倉稲魂命。
相殿神として、天穂日命・大己貴命・少名彦命・事代主命
       三穂津媛命・太田道灌公・弁財天・徳川家康公。


JR神田駅前を含め、私の頭の中には20年以上の日本橋のイメージしかありませんでした。
中央通りを歩いていて、新日本橋駅付近がかなり変貌しているのに
ちょっぴり驚かされました。

小さいながらも社号標。

      20200105福徳神社01



参道口のモニュメントは、よく見ると鳥居の形をしているんですね。

      20200105福徳神社02


モニュメントの提灯には、福徳神社の名があります。

      20200105福徳神社03



ビルとはビルの間を抜けると、そこにはこんな空間が存りました。

      20200105福徳神社04


      20200105福徳神社20

確か、この場所ってTVのCMで何度か見た場所だと思う。



神社社頭。

      20200105福徳神社05



鳥居に掲げられた神額。

      20200105福徳神社06


手水舎。

      20200105福徳神社07



拝殿。
この時、午前9時少し前だったけど
ビルの谷間だから、周りは薄暗い。

      20200105福徳神社08



拝殿正面。

      20200105福徳神社10



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200105福徳神社11



別アングルからの拝殿。

      20200105福徳神社12


      20200105福徳神社13



狛犬かと思ったら、神使いの狐。
   
      20200105福徳神社14


      20200105福徳神社15

少し、違和感を感じたけど、よくよく考えたら
福徳神社って、元々は福徳村の稲荷神社。
神使いの狐が居てもおかしくはない。




境内社・薬祖神社。

      20200105福徳神社21


      20200105福徳神社22




境内には、石造りの一里塚が置かれています。     

      20200105福徳神社23

江戸時代には、「稲荷の森塚」と呼ばれていたそうです。   

 


こちらは、社務所のようです。

      20200105福徳神社16



何やら掲示されているようです、

      20200105福徳神社17


どうやら、御朱印は10時からの頒布で
かつ、この正月期間は書置き対応らしい。

      20200105福徳神社19



御朱印が頒布される授与所。
当然、まだ開いていません。

      20200105福徳神社18

書置きは、構わないけれど、授与所が開くまでまだ1時間ある。
1時間、ぼけ〜っと待っているのも芸がないから
先に七福神巡りをしちゃいましょう。





それから数時間後、再び福徳神社に戻って来ました。
朝と比べると、拝殿も陽が射して明るく見える。

      20200105福徳神社09



そして。こちらが福徳神社の御朱印。

      20200105福徳神社24

『奉拝』の二文字が無いと、何となく質素な御朱印に見えてしまうのは.............気のせい?



関連記事
スポンサーサイト



2020/02/11 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit