FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............一之宮神社   (2019年12月25日)(千葉県印旛郡栄町) 

12月25日

茨城県の鉾田市に出かけたこの日、鉾田市から、行方市、潮来市、稲敷市と廻り
利根川を渡って千葉県へと戻ります。

向かった先は..............一之宮神社。



一之宮神社は、栄町矢口に鎮座する神社です。


埴生郡の一之宮であり、印旛郡誌によれば「麻生、須賀、興津、安食、佐野、
北辺田、矢口、七ヶ村の氏神であるが、七ヶ村は共に旧麻生の内にある。
又、矢口一之宮は熱田をまつる」とも言われています。
新選佐倉風土記によると「在矢口村伝延長2年9月19日祭之」とありますが、
成田市松崎にある二之宮神社の創建が斉衡(さいこう)3年(856年)で
「一之宮神社外記がこれを相続す」とあるので、
それより以前に一之宮神社はあったと思われます。


御祭神は、不詳ですが

経津主命(ふつぬしのみこと)
建御雷命(たけみかずちのみこと)
饒速日命(にぎはやひのみこと)
日本武尊(やまとたけるのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)とされているようです。

(本務社である 駒形神社のHPより引用。)



森の中にある鳥居。

      20191225一之宮神社01



鳥居に掲げられた神額。

      20191225一之宮神社02



苔生した参道。

      20191225一之宮神社03



今年の秋の台風でかなり倒木したようで、伐採されている。
以前は参道が苔生すように欝蒼としていたのでしょう。

      20191225一之宮神社04



境内。

      20191225一之宮神社05



手水鉢にはトタンのカバー。

      20191225一之宮神社06

随分と使われていないようで、寂れた感は否めない。



拝殿。

      20191225一之宮神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191225一之宮神社08



別アングルからの拝殿。

      20191225一之宮神社09


      20191225一之宮神社10



そして、こちらが本殿。

      20191225一之宮神社11



びいすけ も参拝。

      20191225一之宮神社12



境内社。

      20191225一之宮神社13



小さな祠も健在。

      20191225一之宮神社14



冨士塚と浅間神社。

      20191225一之宮神社15



こちらには、小さな祠が建ち並ぶ。

      20191225一之宮神社16



隣接する青年センター(公民館のようなモノ)は、 廃寺跡なのか?
地蔵堂や石仏が建ち並ぶ。

      20191225一之宮神社17


      20191225一之宮神社18



一之宮神社の境内と隣り合わせているから
神仏習合の色合いが濃い。

      20191225一之宮神社19


      20191225一之宮神社20


      20191225一之宮神社21



御神木。

      20191225一之宮神社22
      20191225一之宮神社23


境内に建つ観光案内図。

      20191225一之宮神社24


一之宮神社についても触れています。

      20191225一之宮神社25



そして、こちらが一之宮神社の御朱印。

      20191225一之宮神社26

以前は御朱印を頒布されていなかったようですが
最近になって頒布されるようになったようです。




関連記事
スポンサーサイト



2020/02/01 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit