FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

常陸七福神 弁財天  《 逢善寺 》  (2019年12月25日)(茨城県稲敷市) 

12月25日

城県の鉾田市に出かけたこの日。
その帰り道は、鉾田市から行方市、潮来市、
稲敷市へと抜けて帰ります。

大宮大神をあとにして、向かった先は...............逢善寺。


茨城県で広範囲に点在する常陸七福神。
その常陸七福神の弁財天になるのが、稲敷市の小野にある逢善寺。

昨年から追いかけている常陸七福神巡り。
茨城県の広範囲を巡る七福神で、その構成は、

大黒天   笠間稲荷神社    笠間市
恵比寿   筑波山神社     つくば市
弁財天   逢善寺       稲敷市
毘沙門天  西光院       石岡市
布袋尊   月山寺       桜川市
寿老人   西蓮寺       行方市
福禄寿   長勝寺       潮来市

となっていますが、なぜかそれらに付け加えて

七福神   真延寺       土浦市

と、8ヶ所を巡って結願すると言う七福神となっています。
これまでに 
      毘沙門天(西光院)、
      布袋尊(月山寺)
      寿老人(西蓮寺)
      福禄寿(長勝寺)
      七福神(真延寺)  
      大黒天(笠間稲荷神社)と巡ってきています。 

残すは、恵比寿と弁財天。
その弁財天に訪れました。



寺号標。

      201491225逢善寺01


参道を進みます。

      201491225逢善寺02



仁王門。

      201491225逢善寺03



仁王像。
向かって右側、阿形像。

      201491225逢善寺04

見分け方は、口を開けたのが阿形像。
口を閉じたのが吽形像となります。
これは「狛犬」でも同じらしい。知りませんでした.........。



向かって左側、吽形像。

      201491225逢善寺05



手水舎。

      201491225逢善寺06



由緒書き。

      201491225逢善寺07



そして、本堂。

      201491225逢善寺08


      201491225逢善寺09



本堂正面に掲げられた扁額。

      201491225逢善寺10



本堂正面に置かれた木造。

      201491225逢善寺11


      201491225逢善寺12


      201491225逢善寺13


      201491225逢善寺14



寺院の場合、本堂の中に御本尊が安置されていて、本堂が閉ざされていると
御本尊を拝む事が出来ない。
本堂の中に入れれば問題ないんだけど
勝手に入る訳にはいかないし............
その辺りが寺院の参拝って、難しい。


      201491225逢善寺15



僅かな隙間から中を覗き込み、弁財天を確認。

      201491225逢善寺16



別アングルからの本堂。

      201491225逢善寺17


      201491225逢善寺18



鐘楼。

      201491225逢善寺19



境内のお地蔵さん(?)。

      201491225逢善寺20



仁王門脇の松本楓湖の碑。

      201491225逢善寺21


      201491225逢善寺22



境内に授与所は在るものの、人は居ない。
どうやら、平日は授与所は閉まっているようです。


寺務所に声を掛けて、御朱印をお願いしたら
住職さんは外出されていて、書置きの御朱印になってしまうから
申し訳ないと仰っていましたが、いえいえ、問題ありません。


こちらが拝受した御朱印。

      201491225逢善寺23



そして、こちらが『常陸七福神』 弁財天 の御朱印。

      201491225逢善寺24


常陸七福神巡り、残すは筑波山神社の恵比寿のみとなりました。




関連記事
スポンサーサイト



2020/02/01 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit