FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

宿場町を歩こう.............日光街道 《 粕壁宿 》 (2019年11月3日)(埼玉県春日部市) 

11月3日

この日は、埼玉県の春日部市にでかけました。


春日部市は、かつては粕壁宿と言う宿場町でした。

粕壁宿は、江戸時代の日光街道及び奥州街道の宿場町です。
南北朝時代(14世紀)、新田義貞の家臣春日部氏が当地を領地としたことから
「春日部」の地名が生まれたとされています。
「かすかべ」の表記は何度か変更されており、
粕壁は江戸・元禄期から記されている地名です。

天正18年(1590年)小田原征伐後、徳川家康は関東移封となり、
江戸城に入城し、五街道の整備が進められました。
元和2年(1616年)には、粕壁宿が日光街道及び奥州街道の宿場町となりました。
江戸・日本橋から数えて4番目の宿場町で、現在の春日部駅東口の旧街道一帯です。
江戸・日本橋から一日歩き通すと、ちょうど1泊目となる宿場町がこの粕壁であったことから、
旅人の多くはここで宿を取りました。
また、岩槻宿と関宿を結ぶ道が通ることからも商業・交通の要地として
商人や旅人でにぎわったとされています。



実は、春日部市で丸ポストを探している時に
宿場町を前面に観光化している事を知りました。


春日部の駅前から一本離れたメイン通り、
かすかべ大通りに、かつての粕壁宿がありました。

宿場内の通りの長さは24町35間(約2.7km)。
道幅4間(約7.3m)で、町並みは通りに沿って
南北10町25間(約1.1km)にわたる広さとなっていたそうです。




メイン通りの 『かすかべ大通り』には、
こんな立派な案内板が設けられています。

      20191103粕壁宿01


      20191103粕壁宿02



宿場町って言うと、古い街並みがついつい浮かんでしまいますが
春日部(粕壁)の町は再開発で、道路も整備拡張され
立派な街並みとなっています。

      20191103粕壁宿03


      20191103粕壁宿04


      20191103粕壁宿05

かつての古い商家や蔵などは少なくなり、
中小のビルやマンションが並ぶ通りとなっているようです。


それでも、それなりの雰囲気を残す商家も在るようです。

      20191103粕壁宿06


      20191103粕壁宿07



せっかくの案内板も、カスれて読めない。

      20191103粕壁宿08


      20191103粕壁宿09


メイン通りから一本入った場所にある公衆トイレも
宿場町を意識した造りとなっている。

      20191103粕壁宿10


      20191103粕壁宿11



蔵を持つ民家もある。

      20191103粕壁宿12


      20191103粕壁宿13



この石碑(標柱)は宿場町に関するモノなんだろうか?

      20191103粕壁宿14



再開発で電柱もなく、電線は地下埋設。
歩道の配電盤にも、宿場町を意識したペイント。

      20191103粕壁宿15



地元の商店もまけてはいない。
お店のシャッターに粕壁宿のイラスト。

      20191103粕壁宿16



ここは、かつての本陣跡。

      20191103粕壁宿17


      20191103粕壁宿18



気になるのは、この日は11月3日。
文化の日。
国民の祝日です。
いわゆる休日になるわけなんだけど
閉まっているお店が多い。

      20191103粕壁宿19


      20191103粕壁宿20


      20191103粕壁宿21


だからなのか?
歩いている人が少ない。

      20191103粕壁宿22

春日部の住人じゃないから、現在の春日部の中心街を知らないけれど
人の流れが変わってしまったのだろうか。

同じように粕壁と言う宿場町も
変わっていってしまったのかも知れないね...............





関連記事
スポンサーサイト



2019/12/19 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit