FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...................立野天満宮 (2019年11月3日)(埼玉県春日部市) 

11月3日

この日は、埼玉県の春日部市に出かけました。

富田神社をあとにして、向かった先は...............立野天満宮。



立野天満宮は春日部市立野に鎮座する神社です。

社伝によれば、創建は元久年間(1204年〜1206年)に下総国東葛飾郡の
金野井城主・野本将監没落後、一族が逃れてこの地に移住し、
松ノ木(現:千葉県野田市関宿町)の天満宮を勧請したのに始まるとされています。
鎮座地の辺りが低地で、水害を蒙りやすかったことを理由に、
隣接していた別当延命院とともに500m東北の現在地に遷座したとされています。


御祭神は、菅原道真公。




神社社頭。

      20191103立野天満宮01

朱色の鳥居が一際目立っています。


鳥居に掲げられた神額。

      20191103立野天満宮02



神社幟の基台には、昔この辺りが立野村だったことを物語っています。

      20191103立野天満宮03



石段を上がった先には二の鳥居。

      20191103立野天満宮04



手水鉢。

      20191103立野天満宮05


拝殿。

      20191103立野天満宮06



別アングルからの拝殿。

      20191103立野天満宮07


      20191103立野天満宮08



そして、本殿。

      20191103立野天満宮09



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191103立野天満宮10



拝殿前には撫で牛。

      20191103立野天満宮11


雨風にさらされ、文字の読みづらい由緒書き。

      20191103立野天満宮12



こちらは、本殿の説明板。

      20191103立野天満宮13

どうやら、立野天満宮の本殿は春日部市の有形文化財に指定されているようです。



境内社。

      20191103立野天満宮14


      20191103立野天満宮15



狭い境内ですが、祠も並ぶ。

      20191103立野天満宮16



板碑も並ぶ。

      20191103立野天満宮17



そして、こちらが立野天満宮の御朱印。

      20191103立野天満宮18

こちらの立野天満宮。
普段は無人の神社で、富多神社の兼務社になります。

富多神社の宮司さん宅にて拝受いたしました。



関連記事
スポンサーサイト



2019/12/17 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit