FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて................穴山小学校 (2019年10月25日)(山梨県韮崎市) 

10月25日

1泊2日の山梨旅行。
その2日目、清里から韮崎市へと向かいます。


昨日、ほぼ一日韮崎市を巡っていましたが
当初の予定から行きそびれてしまった廃校があり
急遽、韮崎市へと向かいました。

向かった先は................韮崎市立穴山小学校。


穴山小学校の詳しい沿革は不明です。
現地に創立百周年の記念碑があったので、
そちらに沿革が記されていて、参考になりました。

敷地には、明治11年の校舎新築記念として植樹した
『ヒイラギ』の木があるそうです。


明治6年泉竜寺を仮校舎として穴山小学校が開設する。
明治11年藤村様式の新校舎が竣工する。
明治25年高等科を併置する。
大正11年現在地に校舎を新築し移転。
昭和16年火災により校舎消失。
昭和18年新校舎竣工。
昭和22年学制改革により穴山小学校と改称する。(昭和26年まで穴山中学校を併設する)
昭和26年新府中学校が開設され、穴山小学校単独となる。
昭和29年韮崎市立穴山小学校と改称する。
平成2年藤井小学校、中田小学校、穴山小学校が統合し
新たに韮崎市立北東小学校が開校する。
穴山小学校は廃校となる。


と、このような沿革となるようです。




こちらが、正門跡。

      20191025穴山小学校01


石造りの古い門柱です。

      20191025穴山小学校02



廃校後、校舎は解体されてしまったようです。

      20191025穴山小学校03



敷地の一部に『穴山町ふれあいホール』と言う施設が平成9年に建てられてそうです。

      20191025穴山小学校04

いわゆる、地域のコミュニティセンターですね。


体育館は健在と言うか、その姿を遺しています。

      20191025穴山小学校05



雨の廃校。

      20191025穴山小学校06



校庭は水たまり状態。

      20191025穴山小学校07



体育館の前に、国旗掲揚ポール。

      20191025穴山小学校08



カマボコ屋根の体育館。

      20191025穴山小学校09

時代を感じさせる形ですね。
昔は体育館の屋根って言う言ったら、
このカマボコ屋根が定番だったんだよねぇ。


体育館の前には碑が並ぶ。

創立百周年の記念碑。

      20191025穴山小学校12



その裏面。
刻まれているのは沿革でした。

      20191025穴山小学校10




こちらは、『穴山小学校閉校之碑』

      20191025穴山小学校11

一応、閉校記念の碑なんだから『記念』って言う二文字が欲しいよね。


こちらは経緯度標柱。

      20191025穴山小学校13

山梨県の小学校では、よく見かけます。



タイムカプセルの碑。

      20191025穴山小学校14

埋められたのは1972年のようです。
2000年に開ける と碑文が刻まれている。
もう開封されちゃったんでしょね。



こちらは、校歌の碑。

      20191025穴山小学校15



こちらは、明治百年の記念碑。

      20191025穴山小学校17


体育館は明治百年の記念で建てられたもののようです。



石膏の像。

      20191025穴山小学校16



朝礼台。

      20191025穴山小学校18



校庭には遊具も残る。

      20191025穴山小学校19


      20191025穴山小学校20


      20191025穴山小学校21


      20191025穴山小学校22



校庭の片隅には小さな碑。

      20191025穴山小学校23



卒業生の作詞者であり、童謡詩人である『権藤はなよ』の碑です。

      20191025穴山小学校24




明治11年の校舎新築記念として植樹した『ヒイラギ』の木。

      20191025穴山小学校25


      20191025穴山小学校26


校舎は無くなっても、このヒイラギの木は
いつまでも、この地に残る事でしょう。





関連記事
スポンサーサイト



2019/12/15 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit