FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

那珂西城址 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

城里町の城址巡り、続いては那珂西城址です。


那珂西城は、南北朝時代の平山城です。
那珂通辰の居城と言われて来ましたが、
最近では大中臣氏の子孫である時久が那珂氏と称し、
この地に居城したという説が有力となっています。
貞治4年(1365)那珂宗泰の代に足利尊氏に従って丹波に移り、
当地に残った一族は佐竹氏の勢力下に入ったされています。
佐竹氏の秋田移封によって廃城になりました

広さ約4㏊と広大な城郭です。
城内は本城、中城、兵庫坪の三郭から構成されていたとされ
城域内の本城の位置には、宝幢院がありますが、
これは元禄9年(1696)、徳川光圀の発願によりここに移されたものだそうです。
宝幢院の周囲及び国道123号線沿いに土塁の一部と堀跡が残っています。




こちらが、那珂城の縄張り図。

      那珂西城址縄張り図

( 余湖さんのHPよりお借りしました )




宝幢院入口。

      20191002那珂西城址01



国道沿いに建つ、城址入口の標柱。

      20191002那珂西城址02



そのすぐ近くに残る土塁。

      20191002那珂西城址03

この辺りは、兵庫坪。


土塁の上には社もあります。

      20191002那珂西城址04


      20191002那珂西城址05



土塁上から見た宝幢院山門付近。

      20191002那珂西城址06

山門の両脇の森のように見えるのは土塁跡。


山門右側の土塁前にて。

      20191002那珂西城址07




那珂西城址の説明板。

      20191002那珂西城址08



説明板脇の石段を上った先には城址碑。

      20191002那珂西城址09



城址碑の前から眺める土塁は、尾根のように連なっている。

      20191002那珂西城址10



土塁前の空堀跡。

      20191002那珂西城址11

かなり埋め戻されているようです。



山門右側の土塁前には、宝幢院の説明板。

      20191002那珂西城址12



山門内側からの土塁。

      20191002那珂西城址13


      20191002那珂西城址14



境内奥にも土塁が一部残っている。

      20191002那珂西城址15


      20191002那珂西城址16


      20191002那珂西城址17


      20191002那珂西城址18



広大な敷地を誇る那珂西城址。
今回は主郭に当たる宝幢院周辺がメインなってしまいますが、
逆に遺構らしきモノが宝幢院の周辺にしか残っていないのが
残念と言えなくもない。



関連記事
スポンサーサイト



2019/11/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit