FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............上古内 鹿島神社 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

小勝小学校をあとにして、向かった先は...............上古内鹿島神社。


上古内鹿島神社は、城里町上古内に鎮座する神社です。

社伝によれば、天津児屋根尊が金鷲に駕してこの降る内山に降臨したので、
この地を鹿島土谷と称し、大同年間(806~810年)に鎮斎したと伝えられています。
御祭神の天津児屋根尊は、祭祀を司る神で、鹿島神社そのものの祭神ではなく、
中臣氏の祖とされています。鹿島郷に比定される古内を中心としたこの地一帯は、
古くは中臣氏、鹿島神との関係が深かったことを窺える伝えであるとされています。

御祭神は、武甕槌神(たけみかづちのかみ)
     建御名方神(たけみなかたのかみ)




神社社頭。

      20191002上古内鹿島神社01



県道沿いに建つ社号標。

      20191002上古内鹿島神社02



社号標の脇には由緒書き。

      20191002上古内鹿島神社03


その反対側には、宮司さんの祖先である『鯉渕要人』の説明板。

      20191002上古内鹿島神社04



鳥居。

      20191002上古内鹿島神社05



手水舎。

      20191002上古内鹿島神社06



拝殿。

      20191002上古内鹿島神社07



拝殿正面。

      20191002上古内鹿島神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191002上古内鹿島神社09



別アングルからの拝殿。

      20191002上古内鹿島神社10



そして、こちらが本殿。

      20191002上古内鹿島神社11



境内社。

      20191002上古内鹿島神社12


      20191002上古内鹿島神社13


記念碑。

      20191002上古内鹿島神社14



そして、こちらが御朱印。

      20191002上古内鹿島神社15


実は、あまりにも早くお邪魔しても申し訳ないので
時間調整をして、8時過ぎに参拝をしていたら
隣接する民家(実は宮司さんの自宅兼社務所)から1台の軽自動車が外出した。

この時、嫌な予感が頭をよぎりました。

宮司さんの自宅に声わかけたら
今しがた宮司さんは出かけられたという事で
この時は御朱印は頂くことが出来ませんでした。

この日の夕刻、千葉に自宅へ帰る前に再度立ち寄ったら
宮司さんはお帰りになられていて、無事御朱印を頂くことが出来ました。

地方の神社って、社務所が宮司さん宅って言うのが多く
宮司さんに会えないことも多々有ったりします。
そんな時には、『これも縁』と思い次の縁に期待するようにします。

とは言いながらも、宮司さんにお会い出来て良かったぁ。



関連記事
スポンサーサイト



2019/11/08 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit