FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

宮谷八幡神社 (2019年9月4日)(千葉県大網白里市) 

9月4日

この日は、東金市へ出かけました。
以前から気になっていた松之郷 八坂神社を参拝し
そのあとは、松之郷 八坂神社の宮司さんが兼務する神社を廻る事にしました。


求名 熊野神社をあとにして、向かった先は............宮谷 八幡神社。


宮谷 八幡神社は、大網白里市大網に鎮座する神社です。


長享二年(1488年)土気城主・酒井定隆が土気城を再建した時に、、
城の鬼門除けとして長峰から今の所に移したもので、
永禄四年(1561年)坂井家四代城主・酒井胤治の命により、
大網城主・板倉長門守が再建したとされています。

御祭神は、誉田別命(応神天皇)。


中央本社の祭神は、誉田別命(応神天皇)。向かって左の小社は春日大明神、右の小社は天照大神である。県文化財調査員海老名雄二氏の所見によると、柱や蛙股などに永禄の部分が残されているが、主として享保(一七一六年~一七三六年)の頃の再建と見るべきであろうという。風雪にさらされて老朽甚だしく、昭和五十八年に大改修が行われた。小社は部分改修であるが、本社は一部古材を活かし原型に忠実に復元された。


社号標。

      20190904宮谷八幡神社01


神社社頭。
一の鳥居。

      20190904宮谷八幡神社02



一の鳥居脇の説明板。

      20190904宮谷八幡神社03

どうやら、宮谷 八幡神社の本殿は、大網白里市の文化財に指定されているようです。


二の鳥居。

      20190904宮谷八幡神社04


手水舎。

      20190904宮谷八幡神社05



その先は細い参道。

      20190904宮谷八幡神社06



そして、石段。

      20190904宮谷八幡神社07



意外に長い石段。

      20190904宮谷八幡神社08



軽快に駆け上がる びいすけ 。

      20190904宮谷八幡神社09



こちらは、ついて行くのが精一杯。
『遅い!』と言わんばかりの びいすけ 。

      20190904宮谷八幡神社10

今日は、元気が溢れている。


石段を上った先には、拝殿。

      20190904宮谷八幡神社11



ここにも手水舎がありました。

      20190904宮谷八幡神社12



拝殿正面。

      20190904宮谷八幡神社13



拝殿前に鎮座する狛犬。

      20190904宮谷八幡神社14


      20190904宮谷八幡神社15



別アングルからの拝殿。

      20190904宮谷八幡神社16


      20190904宮谷八幡神社17



そして、こちらが本殿。

      20190904宮谷八幡神社19



拝殿前の由緒書き。

      20190904宮谷八幡神社25



拝殿左側(方角で言うと南側になるのか?)の参道口の鳥居。

      20190904宮谷八幡神社20



その鳥居に掲げられた神額。

      20190904宮谷八幡神社21




本殿の両脇に境内社が並ぶ、宮谷 八幡神社。

向かって右側の天照大神。

      20190904宮谷八幡神社22


      20190904宮谷八幡神社23


      20190904宮谷八幡神社24



向かって左側は、春日大明神。

      20190904宮谷八幡神社18


      20190904宮谷八幡神社26



拝殿脇から南側を眺めると、南参道口(?)の鳥居の先に
大網白里市の街並みが見える。

      20190904宮谷八幡神社27



社務所は、参道入口にありますが、閉められています。
平素は無人の神社のようです。

      20190904宮谷八幡神社28

ひょっとしたら宮司さんがいらっしゃるか?
そんな期待もハジけてしまいましたが
宮司さんが居ようが居まいが、そんなことは関係ないと思えるほど
この神社には不思議なパワーを感じました。
これぞ、パワースポットなんですね。


改めて、そんな事を感じました。





関連記事
スポンサーサイト



2019/10/09 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit