FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............長倉神社(2019年8月23日)(長野県北佐久郡軽井沢町) 

8月23日

1泊2日の群馬・長野旅行。
2日目は長野県の軽井沢に出没しています。
旧軽井沢の諏訪神社をあとにして、向かった先は..........................長倉神社。



長倉神社は、軽井沢町長倉に鎮座する神社です。


式内社・長倉神社に比定されている古社です。
天明三年(1783年)の浅間山噴火の際に古文書等を焼失してしまったため
創祀年代は不明となっています。
一説によれば、天長年間(824~)の創祀ともされています。

鎮座地周辺は、江戸時代には沓掛宿として栄えた地であり、
当時、八幡宮と呼ばれ、沓掛宿の鎮守産土神として崇敬されていたそうです。

御祭神は、 誉田別尊  息長足姫尊 玉依姫尊




神社社頭。

      20190823長倉神社01



鳥居。

      20190823長倉神社02



参道。

      20190823長倉神社03



手水舎。

      20190823長倉神社04



こちらが拝殿。

      20190823長倉神社05


拝殿正面。

      20190823長倉神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190823長倉神社09


扁額は、もう一枚。

      20190823長倉神社13



別アングルからの拝殿。

      20190823長倉神社10


      20190823長倉神社11



拝殿後方の覆殿

      20190823長倉神社12

この中に本殿かあります。

さすがに写真は撮れませんでしたが
待ち合わせをしていた氏子総代さんのご厚意で
覆殿内に入れていただき、本殿の見事な彫刻を拝見させて頂きました。



拝殿前の狛犬。

      20190823長倉神社06


      20190823長倉神社07


狛犬と びいすけ 。

      20190823長倉神社14


      20190823長倉神社15



境内社。

      20190823長倉神社16


      20190823長倉神社17


      20190823長倉神社18


      20190823長倉神社19



こちらの境内にも土俵がありました。

      20190823長倉神社20



境内の片隅には、苔生したせきぶ。

      20190823長倉神社21

神仏習合の色合いが強いですね。



こちらが社務所。

      20190823長倉神社22

普段は無人の神社。
碓氷峠に鎮座する熊野皇大神社の兼務社になります。



こちらが、長倉神社の御朱印です。

      20190823長倉神社23



実は、こちらの長倉神社の御朱印が今回一番苦労しました。

ネットで長倉神社の御朱印の記事を見かけ、連絡先に電話をしてみましたが、
そちらは熊野皇大神社の宮司さんの自宅でした。

長倉神社の御朱印について問い合わせて見ると、
熊野皇大神社では長倉神社の御朱印の対応はしていないとの事でした。

軽井沢の観光協会に問い合わせてみても、
『熊野皇大神社に問い合わせて下さい』とのつれない回答。


正直、長倉神社の御朱印は諦めていました。


この日の午前中に参拝した熊野皇大神社で、
長倉神社の御朱印のことを聞いてみたら
やっぱり、熊野皇大神社では御朱印のことは知らないらしく、
応対していただいた禰宜さんの奥様が、
長倉神社の氏子総代さんに問い合わせてくれました。

そして、氏子総代さんが御朱印対応していただけるという事で、
13時に長倉神社の拝殿前で待ち合わせという経緯で
何とか御朱印をいただく事ができました。

たかが御朱印。されど御朱印。
この長倉神社の御朱印は色々な方の配慮があって頂けたもの。
これも一つの御縁。
この御縁を大切にして行こう。


関連記事
スポンサーサイト



2019/09/26 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit