FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............密岩神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。


観音山不動滝をあとにして、向かった先は.............密岩神社。


密岩神社を語る前に、密岩神社の鎮座するの岩櫃山に触れないと
話が理解しづらいかも知れませんね。

岩櫃山は、古来から修験文化の宿る敬虔な山です。
岩櫃城の支城で「岩鼓の要害」といわれる柳沢城の下には、
岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として今から600年前に建てられ、
『観音様』と親しまれる瀧峩山金剛院不動堂があります。

また天狗の丸には『岩櫃神社』があり、山頂近くには、かつては祈祷の祠もあり、
現在は原町に移った善導寺も、かつては岩櫃城の鬼門・切沢に在ったそうです。
このように信仰と深く関わる岩櫃のなかで、とりわけ、謎と伝説に包まれているのが
『密岩神社』です。

奥宮といわれる古くからの神社は、東吾妻町郷原古谷地区からの密岩通り登山道の中腹にあり、
崖の岩の中に造られた社で、誰がどうやって造ったのかは謎となっています。
現在は落石により損傷が激しくて危険で、行く事ができません。
しかし、古くから密岩神社を慕う地域住民の厚い志により、
平成23年に、麓にあたる古谷地区の中心地に里宮が設けられ、遷宮が行なわれました。


岩櫃山は、東吾妻町にとっても貴重な観光資源。
岩櫃山の登山口の駐車場には、案内板も設置されています。

      20190822蜜岩神社01


生憎の天気で岩櫃城(岩櫃山)も視界が悪い。
このガスっている雰囲気が岩櫃城の荒々しさを感じさせます。

      20190822蜜岩神社02


小雨の中、カッパを着込んでる出発です。

      20190822蜜岩神社03


さっそく、ご挨拶代わりにオシッコ。

      20190822蜜岩神社04



密岩神社を目指して進みます。

      20190822蜜岩神社05

密岩神社は、古谷地区の登山口の駐車場から徒歩5分程度の距離。




画面右側の杜が密岩神社。

      20190822蜜岩神社06



びいすけ に促されるように進みます。

      20190822蜜岩神社07



神社参道口。

      20190822蜜岩神社08

さすが、真田関連の地。
真田丸のブームは未だ衰えず?
多くの幟が旗めきます。


こちらが、密岩神社。

      20190822蜜岩神社09



思っていたより、小ぶり。
コンパクトな社です。

      20190822蜜岩神社10


朱色の鳥居に掲げられた神額。

      20190822蜜岩神社11


由緒書き(いわれと御利益)

      20190822蜜岩神社12



狛犬。

      20190822蜜岩神社13


      20190822蜜岩神社14



では、参拝いたしましょう。

      20190822蜜岩神社15


賽銭は気持ち。
五円玉を6枚、真田氏にあやかって
六文銭のように並べてみました。

      20190822蜜岩神社16


怪訝そうに、こちらを見上げる びいすけ 。

      20190822蜜岩神社17



しっかりとお参りいたしました。

      20190822蜜岩神社18



この密岩神社は、今年から御朱印が拝受されるようになったようです。
授与(配布)場所は2ヶ所。
その1ヶ所がこちら。

      20190822蜜岩神社19

JR群馬原町駅構内にある東吾妻町観光協会。

もう1ヶ所は、平沢登山口観光案内所になるそうです。


駅構内と言っても、駅事務所が観光協会になっていて
駅の窓口では、JRの切符が売られていない。

      20190822蜜岩神社20


窓口のガラスには、こんな貼り紙。

      20190822蜜岩神社21

密岩神社の御朱印はセットになっていて
単品では扱っていないそうです。
密岩神社、岩櫃城、金剛院(観音山不動)の3枚セット。


こちらが、密岩神社の御朱印。

      20190822蜜岩神社22

こちらのセットの御朱印ですが
地元の著名な書道家ぎ書かれたモノを印刷されているようです。



金剛院の御朱印。

      20190822蜜岩神社23

こちらの前に訪れた観音山不動の滝の近くにあった不動堂が金剛院だと言う事です。



こちらは、岩櫃城の御朱印。

      20190822蜜岩神社24

岩櫃城は改めて攻城に来ることにいたしましょう。
まあ、密岩神社も岩櫃城の一画ではあるから
この御朱印は大事に取っておくことにいたしましょう。



関連記事
スポンサーサイト



2019/09/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit