FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ.................SEIKO   (2019年7月1日) 

7月1日

毎週、月曜日に着け替えている腕時計。
今週は、こちら ↓ 。

      20190701SEIKO501


日本が世界に誇れる腕時計メーカー SEIKO 。
そのSEIKO の代表的かつ大ヒットしたモデルであるSEIKO 5。
このブログでも何回も登場したSEIKO 5。

ヤフオクで手に入れたこの時計。
SEIKO 5と言う触れ込みでした。


こちらのモデルは、ケースは通称『クッション型』。
いわゆる座布団型ですね。

      20190701SEIKO502

何気に、このクッション型と言うのが味があると言うか、好みでもある。
もじばは、完全なリダン。
そもそも、いくら現在は海外で生産されているとは言え、
ライセンスの兼ね合いがあるから、
純正なミッキーマウスの文字盤はまずあり得ない。
カレンダー機能の曜日が英字とアラビマ文字の併記だから
中東仕様の中古モデルを大量に集めて、専門業者が文字盤をリダンして
ヤフオク等に出品しているんでしょう。




ベルトは社外品の合皮ベルト。

      20190701SEIKO503


クッション型のケースと黒い革ベルト(本当は合皮だから革じゃない)の組み合わせが
昭和の匂いがプンプン。

      20190701SEIKO504

あえて、令和の時代にこの昭和の機械式腕時計を持ち出します。


竜頭には特に刻印はない。

      20190701SEIKO505


ケース裏蓋には、モデル名とシリアルNo.。

      20190701SEIKO506

モデル名は光の反射で見えないけれど 7006-7120
調べてみると、よく分からない。
唯一辿り着いた、とあるHPでの情報では
どうやら通称で『70AC』と言われる
1968年から発売された『70オートマチックカレンダー』のようですね。

シリアルNo. は 650163
この番号から西暦の下一桁が6。
即ち、76年? 86年 96年?
そして、その年の5月に作られたモノ。
発売時期との兼ね合いから、1976年(昭和51年)5月に
製造されたモノのようですね。


SEIKO 5では無かったようですね。


では、腕に嵌めてみましょう。

      20190701SEIKO507


      20190701SEIKO508


正直言って、キャラクター時計って馬鹿にしていたけれど
中身は一応『SEIKO』 だし、年代モノの割にはしっかり動いてくれる。
文字盤がリダンされていて、オリジナルじゃないから
生粋の時計好きには邪道扱いされちゃうかもしれないけど
こう言った遊び心を持った腕時計も嫌いじゃない。


さぁ、今週も頑張りましょう。




関連記事
スポンサーサイト



2019/08/25 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit