FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............横川小学校(2019年6月25日)(栃木県日光市) 

6月25日       

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

その2日目。
南会津町を駆け巡り、当初の予定は無事消化。
福島県から栃木県へと抜けて帰途に着きます。

ただ、そのまま帰っても能が無いので
栃木県内でも何ヶ所か立ち寄って帰ります。

南会津町の旧舘岩村域から国道352号で田島町域に向かい
国道121号に合流したら、そのまま南下。
県境の山王峠を越えて、栃木県へと向かいます。

県境になる山王トンネルを抜けると、栃木県日光市。
平成の大合併前は、藤原町でした。

国道121号線沿いに在った、旧・藤原町立 横川小学校 に立ち寄ってみました。


と、言っても横川小学校の情報も乏しい。
ただ、三依小学校の沿革に度々登場していたので
その沿革を知る事が出来ました。


明治11年 三依小学校の横川分校として設立される。
明治26年     三依村立三依尋常小学校横川分校となる。
大正12年     三依村立三依尋常高等小学校横川分校と改称する。
昭和22年     学制改革により、三依村立三依小学校横川分校と改称する。
昭和26年     三依小学校横川分校が独立し、三依村立横川小学校となる。
昭和30年     三依村が藤原町との合併により、三依村立横川小学校と改称する。
平成2年三依小学校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



しかしながら、その横川小学校あとの場所が分からない。
仕方がないので、トンネルを出て日光市に入ると右側にある
『横川パーキング』の売店のオバちゃんに訊いて、その場所を教えて貰いました。



こちらが、横川小学校の正門跡。

     20190625横川小学校01

校舎は既に解体されてしまっているので
この正門跡だけじゃ、通り過ぎてしまいます。


こちらが、その敷地。

     20190625横川小学校02



廃校後、校舎は解体されたとは聞いていましたが
何も残っていない更地。

     20190625横川小学校03


その更地を匂い嗅ぎで闊歩する びいすけ 。

     20190625横川小学校04


     20190625横川小学校07


     20190625横川小学校08




敷地の端から端を見渡しても、学校遺構は見当たらない。

     20190625横川小学校05



古タイヤが3本転がっていました。

     20190625横川小学校06

その内の1本がペンキで塗られていたから
ひょっとしたら遊具の一部だったのだろうか?



正門から入ってすぐ左の藪の中。
入った時には気付かなかったけれど、
そこには、校歌の碑が建っていました。

     20190625横川小学校09



そして、校歌の碑の前には、
正門から外された表札が置かれていました。

     20190625横川小学校10

そこには、『栃木県塩谷郡 藤原町立横川小学校』と記されています。


ほとんど、ペンキも掠れてしまい文字が読めない看板。

     20190625横川小学校11

藤原町の看板です。


何とか、校歌の碑と校名の記された表札を見つける事が出来て良かった。
ここが横川小学校跡地だと言う事を改めて認識出来ました。




関連記事
スポンサーサイト



2019/08/22 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit