FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............字奈己呂和気神社  (2019年6月24日)(福島県郡山市) 

6月24日

6月24日〜25日に1泊2日で福島県に遊びに行って来ました。

初日の24日は、郡山市内を巡ります。
多田野本神社をあとにして、向かった先は.....................字奈己呂和気神社。


字奈己呂和気神社は、郡山市三穂田町八幡に鎮神社です。


社伝によれば、欽明天皇11年(550年?)、安積郡の高旗山山頂に
瀬織津比売命が顕現したので祭祀されたのが始まりと伝わります。

瀬織津比売命は、伊耶那岐命が阿波岐原で禊ぎ祓いした際、
黄泉で受けた穢れより産まれた八十禍津日命と同神で、
伊勢神宮の荒祭宮や廣田神社で祀られている
「天照大御神荒御魂(撞賢木厳之御魂天疎向津比売命)」であり、
世の中の罪穢・禍事を清める神とされています。

大和朝廷への態度が定まらない陸奥国に対して、
瀬織津比売命の神助により平定が成し遂げられるようにと
祈願を込めて祭祀されたとされています。

延暦3年(784年)に高旗山より現在の鎮座地へと遷座したとされています。


御祭神は、瀬織津比売命。



社号標。

      20190624字奈己呂和気神社01


神社社頭。

      20190624字奈己呂和気神社02



ちょっぴり傾いている幟。

      20190624字奈己呂和気神社03

これもご愛嬌。


参道の神橋。

      20190624字奈己呂和気神社04



狛犬。

      20190624字奈己呂和気神社05


      20190624字奈己呂和気神社06



こちらは手水舎ですが、残念なことに屋根が倒れています。

      20190624字奈己呂和気神社07



こちらが拝殿。

      20190624字奈己呂和気神社08


      20190624字奈己呂和気神社09



拝殿正面。

      20190624字奈己呂和気神社10


      20190624字奈己呂和気神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190624字奈己呂和気神社12



別アングルからの拝殿。

      20190624字奈己呂和気神社13



そして、こちらが本殿。

      20190624字奈己呂和気神社14



境内社。

      20190624字奈己呂和気神社15



神楽殿。

      20190624字奈己呂和気神社16



こちらが社務所。

      20190624字奈己呂和気神社17

この日は閉まっていて無人でした。



郡山市と言っても市街地からはそれなりに離れていて
大宮伊豆神社や菅船神社もそうでしたが、
この辺りの神社の社業は見応えがある。

      20190624字奈己呂和気神社18
      20190624字奈己呂和気神社19


     20190624字奈己呂和気神社20
      20190624字奈己呂和気神社21
      20190624字奈己呂和気神社22

圧倒されます。



こちらが御朱印。

      20190624字奈己呂和気神社23

社務所は閉まっていましたが、偶然にも神社向かいの公民館の駐車場に
数人の男性が居て、話をしたらその中の一人が宮司さんでした。
御朱印をお願いしたら、快く対応していただけました。

ありがとうございました。




関連記事
スポンサーサイト



2019/08/11 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit