FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.......................森戸大明神 (2019年6月11日)(神奈川県三浦郡葉山町) 

6月11日

この日は湘南に出かけました。

湘南ってどこまでを言うんでしょうか?
愛知県で生まれ、東京都下の多摩地区で青春期を過ごし
そろそろ20年近く千葉県で過ごす身としては、
三浦半島から、小田原辺りまでを湘南と思っていたら
どうやら、神奈川県が「湯河原から三浦市までが湘南です」と
はっきりと明言したらしい。

『葉山から茅ヶ崎辺りまで。平塚は湘南に入らない』と
いつだったかそんな論争(?)をしていたTV番組もありました。


江の島をあとにして、向かった先は...................森戸大明神。


森戸大明神は、神奈川県三浦郡葉山町堀内に鎮座する神社です。

長きにわたり伊豆に流されていた源頼朝は、
三嶋明神(現:三島大社)を深く信仰し、
源氏の再興を祈願していました。
やがて、平氏を打倒して鎌倉幕府を開いた頼朝は、
鎌倉に近い葉山に三島明神から分霊を受けて
建立したのが森戸神社(森戸大明神)です。

森戸の地は、鎌倉時代から朝廷で行われてきた祓の一種である
七瀬祓が行われてきた場所でもあり、
室町時代には北条氏・足利氏の信仰も篤く、
江戸時代には徳川家康が社領七石を寄進したとされています。


御祭神は、
大山祗命(おおやまずみのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)。


こちらが、社号標。

      20190611森戸神社01

『森戸神社』と刻まれています。



一の鳥居。

      20190611森戸神社02



神社社頭に鎮座する狛犬。

      20190611森戸神社03


      20190611森戸神社04



二の鳥居。

      20190611森戸神社05



手水舎。

      20190611森戸神社06



こちらが、拝殿。

      20190611森戸神社07



拝殿正面。

      20190611森戸神社08


別アングルからの拝殿。

      20190611森戸神社09


      20190611森戸神社10


拝殿の屋根には、跳び狛犬。

      20190611森戸神社16


拝殿前の天水桶。

      20190611森戸神社11


そして、こちらが本殿。

      20190611森戸神社22






境内社・畜霊社。

      20190611森戸神社12

かつて、多くの家畜が疫病にかかった時、
この社にお参りし、お願いすると病から免れることができたと云われ、
以来、家畜(ペット)の守護神として篤い信仰があるそうです。

びいすけ も健康でありますように...............





境内社・おせき稲荷社。

      20190611森戸神社13


境内社・水天宮。

      20190611森戸神社14


境内社・総霊社。

      20190611森戸神社15



境内の由緒書き。

      20190611森戸神社17



参道には、奉納酒。

      20190611森戸神社25

こんな感じで参道に飾られると、なぜか明治神宮を思い出しちゃいます。



参集殿。

      20190611森戸神社20



本殿の裏は杜。

      20190611森戸神社21



そこには、祠が祀られています。

      20190611森戸神社18


そして、御神木。

      20190611森戸神社19


     

名島。

      20190611森戸神社23

沖合い700メートルに浮かぶ小さな島で、赤い鳥居が目印です



こちらが、授与所。

      20190611森戸神社24

御朱印は、こちらで拝受できます。



そして、こちらが森戸大明神の御朱印。

      20190611森戸神社26


森戸大明神は通称で、社号は森戸神社だと思っていたら
森戸大明神が正式社号だと言うことです。



関連記事
スポンサーサイト



2019/08/04 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit