FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.......................江島神社 (2019年6月11日)(神奈川県藤沢市) 

6月11日

この日は、湘南へ出かけました。
前日の夜、遅番勤務を終えて、23時半に八王子の実家へと移動。
深夜の移動から、朝6時に八王子を出発。
下道で相模原、厚木、平塚と抜け海岸線わ走り
江の島に向かいます。

訪れたのは................江島神社。


江島神社は藤沢市江の島に鎮座する神社です。

日本三大弁天の一つに数えられ、宗像三女神を祀る神社です。
島の西側に「奥津宮」(多紀理比賣命)、中央に「中津宮」(市寸島比賣命)、北方に「辺津宮」(田寸津比賣命)と三宮で構成され、「江島大神」と総称しています。

社伝によれば、欽明天皇13年(552年?)、
神宣に基づき欽明天皇の勅命により、
江の島の南の洞窟に宮を建てたのに始まるとされています。
神仏習合により、金亀山与願寺と称する寺でしたが
歴代の鎌倉幕府将軍・執権や、代々の領主から崇敬を受け、
江戸時代には弁才天信仰が盛んになり、多くの庶民が参詣するようになりました。

江戸時代までは弁財天を祀っており、江島弁天・江島明神と呼ばれていました。

明治元年(1868年)の廃仏毀釈により、仏教施設や仏像などが破壊され
明治6年(1872年)、仏式を廃して神社となり『江島神社』と改称しました。



御祭神は、多紀理比賣命、市寸島比賣命、田寸津比賣命。



江の島大橋を渡って、江の島の中に入ると、
参道の商店街の入り口前に一の鳥居。

      20190611江の島神社01


神額は、『江島大明神』。

      20190611江の島神社02



参道のお土産屋さんを通り過ぎれば社号標がお出迎え。

      20190611江の島神社03



神社社頭。

      20190611江の島神社04

朱色の鳥居が一際目を惹きます。



社頭野掲示板。

      20190611江の島神社05

いわゆる『定』って言うやつです。



朱色の鳥居の脚元には、琵琶のオブジェ。

      20190611江の島神社06

さすが、弁天様と言われてきただけはあります。


鳥居脇には、狛犬。

      20190611江の島神社07


      20190611江の島神社08



その先は石段。
石段を上がれば、辺津宮。

石段途中に建つ説明板。

      20190611江の島神社09



さらに、その先には『福石』と『江の島弁財天道標』。

      20190611江の島神社28



そして、その先には手水舎。

      20190611江の島神社10



定番とも言える龍の吐出口。

      20190611江の島神社11



こちらが、辺津宮の拝殿。

      20190611江の島神社12



拝殿正面。

      20190611江の島神社13



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190611江の島神社14



さらにアップ。

      20190611江の島神社22



別アングルからの拝殿。

      20190611江の島神社15


      20190611江の島神社16


拝殿正面に飾られた提灯。

      20190611江の島神社23




境内社の八坂神社。

      20190611江の島神社20


同じく境内社の稲荷社・秋葉神社。

      20190611江の島神社21


      20190611江の島神社26



奉安殿。

      20190611江の島神社19

八臂弁財天と、日本三大弁財天の一つとして有名な裸弁財天の妙音弁財天が安置されている
八角形のお堂です。ただし、中に入るには別に拝観料が必要です。



拝殿向かいには、銭洗い白龍王


その手水鉢。

      20190611江の島神社24


銭洗い白龍王。

      20190611江の島神社25

弁財天の使いである白龍王は、雲、雨、嵐を引き起こす偉大なものの象徴として
古くから信仰されているそうです。



八坂神社の前にあるむすびの樹。

      20190611江の島神社27

根っこのつながった二本のいちょうの木。
こちらも縁結びのパワースポットとされているようです。


こちらは、裏参道口とでも言うのか?
中宮側の参道口。

      20190611江の島神社18


こちらには、琵琶をモチーフにした辺津宮の看板。

      20190611江の島神社17




辺津宮から石段を登り、先へ進めばやがて中津宮。

      20190611江の島神社29


中津宮の拝殿。

      20190611江の島神社30


中津宮の拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190611江の島神社31






中津宮からさらに石段を登り
先へと進めば、やがて奥津宮。


奥津宮の手水舎。

      20190611江の島神社32



奥津宮の鳥居。

      20190611江の島神社33

野良猫がお出迎え。



鳥居に掲げられた神額。

      20190611江の島神社43




こちらが、奥津宮の拝殿。

      20190611江の島神社34



奥津宮の拝殿正面。

      20190611江の島神社36

この奥津宮の拝殿天井には「八方睨みの亀」が描かれているそうです。



奥津宮の拝殿正面の扁額。

      20190611江の島神社37



早速、参拝いたしましょう。

      20190611江の島神社35



奥津宮の拝殿前の狛犬。

      20190611江の島神社38


      20190611江の島神社39



こちらは、龍宮。
奥津宮の境内社に当たるのでしょうか?

      20190611江の島神社40


      20190611江の島神社41


龍宮の説明板。

      20190611江の島神社42




御朱印は、辺津宮に御朱印の授与所があり
そちらで頂くことになります。

何と、江島神社の御朱印は11種類あります。

      20190611江の島神社54

せっかくだから、全部頂きました。





こちらが、江島神社の御朱印(通常版?)

      20190611江の島神社44



江島大明神。

      20190611江の島神社45


辺津宮。

      20190611江の島神社46



八臂弁財天。

      20190611江の島神社47



中津宮。

      20190611江の島神社48


奥津宮。

      20190611江の島神社49


八方睨みの亀。

      20190611江の島神社51


龍宮。

      20190611江の島神社50



境内社・八坂神社。

      20190611江の島神社52



令和の改元記念。

      20190611江の島神社53


あと、弁財天の御朱印があるのですが
そちらは、鎌倉・江の島七福神の『江の島 弁財天』。
こちらの御朱印は、また別枠にて紹介いたします。







関連記事
スポンサーサイト



2019/08/02 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit