FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・七福神巡り................抜弁天 厳島神社《新宿山の手七福神 弁財天》 (2019年6月1日)(東京都新宿区) 

6月1日

この日は、都内・新宿区へ出かけました。

びいすけ父さんの都内散歩。
新宿区の御朱印拝受の神社巡りです。


西向天神社をあとにして、向かった先は.............抜弁天 厳島神社。


抜弁天 厳島神社は、新宿区余丁町に鎮座する神社です。

通称、抜弁天と称し新宿山ノ手七福神の弁財天を祀る神社として知られています。

応徳3年(1086年)、鎮守府将軍・源義家(八幡太郎)が後三年の役(1083~1087)で
奥州平定に向かう途中この場所に宿営したそうです。
この場所はこの地域で最も高い場所であり、かつては富士山もよく見えたようで、
この時、義家も遠く富士山を望み、さらにその先にある安芸に鎮座する厳島神社に
その戦勝を祈願したそうです。
奥州平定を成し遂げた義家は、その帰途、戦勝のお礼のために
この地に神社を建立し、厳島神社を勧請したと伝えられています。

この義家の奥州平定の戦勝のお礼の神社建立の話は
都内の神社の由緒では良く耳にする話です。
一体、義家は幾つの神社を建立したのでしょう?

義家がこの地に立ち寄り祈願して苦難を切り抜けたという伝説と、
境内参道が南北に通り抜けできることから『抜弁天』とも呼ばれ、
江戸の六弁天に数えられるそうです。

因みに、徳川綱吉による生類憐れみの令により
付近に野犬のための2万5千坪の犬小屋が設置されていたそうです。


御祭神は、市杵島姫命。


実は、西向天神社の社務所の方から教えてもらって、
こちらの御朱印と新宿山ノ手七福神の事を知りました。
西向天神社からも近いと言われ、立ち寄ってみることにしました。
『抜弁天』と言う名は何度か耳にした事があるから
それなりに大きな神社だと思ってしまったけど............

交差点(三叉路)の角にある、こじんまりとした神社でした。

      20190601抜弁天01


神社社頭。

      20190601抜弁天02


鳥居脇の由緒書きと言うか、説明板。

      20190601抜弁天03



こちらは、手水舎。

      20190601抜弁天04


定番の龍の吐出口。

      20190601抜弁天05


境内はコンパクトですが、社殿もコンパクト。

      20190601抜弁天06


      20190601抜弁天07


別アングルから。

      20190601抜弁天08



三叉路の反対側にも鳥居が建つ。

      20190601抜弁天09



その鳥居の脇には社務所。

      20190601抜弁天10

こちらのしゃむしは普段は無人。
正月期間の七福神詣りの際に開いているそうです。


こちらが、新宿山ノ手七福神 弁財天の御朱印。

      20190601抜弁天11


本務社の西向天神社にて拝受いたしました。







関連記事
スポンサーサイト



2019/07/24 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit