FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り................花園神社 (2019年6月1日)(東京都新宿区) 

6月1日

この日は、都内・新宿区へ出かけました。

新宿区の神社巡り。
御朱印拝受の参拝です。

JRの新宿区駅で山手線を降り、向かった先は............花園神社。


花園神社は、新宿区新宿5丁目に鎮座する神社です。

創建時期等は不明ですが、徳川家康が江戸に入った1590年には既に存在しており、
大和国吉野山よりの勧請と伝えられています。
その後、当地に内藤新宿が開かれるとその鎮守として祀られるようになったとされています。
倉稲魂命(花園神社)・日本武尊(大鳥神社)・受持神(雷電神社)の3柱の神を祀る神社です。

社地は、徳川御三家筆頭・尾張藩下屋敷庭の一部で、
多くの花が咲き誇る美しい花園の跡であったとされ、
これが由来となり花園稲荷神社と称されたそうです。
また、江戸時代には別称も多く、三光院稲荷や
地名に因んだ四谷追分稲荷、または単に稲荷神社等とも呼ばれていたようです。

昭和3年に新宿4丁目に鎮座していた雷電稲荷神社を合祀し、
昭和40年に現在のコンクリート造の社殿が再造営され、
その際に末社・大鳥神社を本殿に合祀して、社号を「花園神社」に改称しました。



靖国通り側の参道口の社号標。
西参道になるんでしょうか?

      20190601花園神社01


靖国通り側の社頭になります。

      20190601花園神社92


鳥居に掲げられた神額。

      20190601花園神社03


参道に建つ由緒書き。

      20190601花園神社04


狛犬。

      20190601花園神社05


      20190601花園神社06



こちらの狛犬は『唐獅子』と呼ばれ、
文政4年(1821年)に名工・村田整珉により鋳造された銅の唐獅子で、
新宿区の有形文化財として登録されているそうです。

      20190601花園神社07



こちらの参道は両脇がビル。
そのため、陽射しが遮られ、昼間でも暗い。
西参道(?)の二の鳥居。

      20190601花園神社08


そして、三の鳥居。

      20190601花園神社09



こちらが、明治通り側の参道口の社号標。

      20190601花園神社10

社殿の正面にあたるから、表参道になるんでしょうか?


表参道(?)社頭。

      20190601花園神社11

赤い大鳥居。
新宿区内で一番大きな鳥居らしい。


神社社頭の掲示板。

      20190601花園神社12

例の『定』が記されています。



大鳥居手前には狛犬。

      20190601花園神社13


      20190601花園神社14


参道左手には、手水舎。

      20190601花園神社15


手水舎の対面(参道右側)には神楽殿。

      20190601花園神社16


そして、正面には拝殿。

      20190601花園神社17


拝殿正面。

      20190601花園神社18


      20190601花園神社19



拝殿正面に掲げられた3枚の扁額。


真ん中に『花園神社』。

      20190601花園神社20



向かって右には、『大鳥神社』。

      20190601花園神社21



向かって左には『雷電神社』。

      20190601花園神社22



別アングルからの拝殿。

      20190601花園神社23


      20190601花園神社24



そして、こちらが本殿。

      20190601花園神社25


拝殿前の天水桶。

      20190601花園神社26



こちらは、本殿裏手の参道口。
裏参道になるんでしょうか?

      20190601花園神社27


鳥居脇の狛犬。

      20190601花園神社28


      20190601花園神社29



境内社・威徳稲荷神社

      20190601花園神社30


      20190601花園神社31

建ち並ぶ赤い小さな鳥居が稲荷神社らしさを感じます。



境内社・雷電稲荷神社。

      20190601花園神社32



納め大明神。

      20190601花園神社33

古くなった神札及び神符を納める場所です。



こちらは、御輿庫。

      20190601花園神社34



こちらは、宝物殿。

      20190601花園神社35



こちらが授与所。

      20190601花園神社36

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


朝の9時半。
今朝から3人目の御朱印のようです。

      20190601花園神社37


そして、頂いた御朱印がこちら。

      20190601花園神社38


『大鳥神社』を合祀したから酉の市でも有名な花園神社。
酉の市の日には、酉の市限定の御朱印も拝受されるそうだから
酉の市の御朱印を拝受したいものです。




関連記事
スポンサーサイト



2019/07/23 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit