FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................佐奈田霊社 (2019年5月16日)(神奈川県小田原市) 

5月16日

伊豆に日帰りで出かけたこの日、熱海からの帰り道。
小田原の佐奈田霊社に立ち寄りました。

佐奈田霊社は、源頼朝旗揚げの地である「石橋山古戦場(神奈川県小田原市石橋)」に鎮座する
神仏習合の霊社です。

霊社?

霊社とは、霊験のあらたかな神社のことらしい。


治承4年(1180年)「石橋山の合戦」で3000対300(源頼朝)の先陣として戦い、
平家方の武将俣野五郎景久を組伏せるも、 不運の討死をした佐奈田与一義忠をお祀りするべく
1180年に創建されたとされています。

与一は持病の痰のため、味方からの呼びかけに対し声が出せず、
そうこうしているうちに敵に討たれてしまったという言い伝えから、
咳・声・のどに霊験があるとされ、芸能関係者も数多く参詣するそうです。

御祭神は、佐奈田与一義忠。
御神体は、佐奈田与一(魁秀明神)。



一応、神仏習合した神社と言う事ですが、鳥居は無いようなです。
こちらが、社号標。

      20190516佐奈田霊社01


こちらが、本来の表参道。

      20190516佐奈田霊社02



この石段を上りきった先ご社殿になります。

      20190516佐奈田霊社03



石段を上がって行くと、石垣ぐ視界に入ってくる。

       20190516佐奈田霊社04

まるで、城郭に登城しているような錯覚を感じてしまいます。
確かに、ここは石橋山の古戦場跡。
城郭っぽく見えるのも仕方ないかも?



境内には、石橋山古戦場の説明板。

      20190516佐奈田霊社05



説明板の近くには狛犬。

      20190516佐奈田霊社06


      20190516佐奈田霊社07



手水舎(手水鉢)。

      20190516佐奈田霊社08



そして、こちらが拝殿(?)

      20190516佐奈田霊社09

霊社の場合、拝殿と称しているのだろうか?
それとも本堂と称しているのだろうか?


別アングルから。

      20190516佐奈田霊社10


      20190516佐奈田霊社11



正面から。

      20190516佐奈田霊社12



奉納額。

      20190516佐奈田霊社13


      20190516佐奈田霊社14


天水桶。

      20190516佐奈田霊社15



こちらが、観音堂。

      20190516佐奈田霊社16


観音堂の脇には与一塚。

      20190516佐奈田霊社17


境内には、
      20190516佐奈田霊社18



駐車場の手前、境内からは少し離れた場所に建つ古戦場跡の碑。

      20190516佐奈田霊社19



そして、こちらが佐奈田霊社の御朱印

      20190516佐奈田霊社20

書置き対応のみですが、『源頼朝 石橋山古戦場』と記されているのが良いですね。


関連記事
スポンサーサイト



2019/07/16 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit