FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................荒海小学校滝原分校 (2019年4月23日)(福島県南会津郡南会津町) 

4月23日

会津旅行の2日目。

羽鳥湖のある天栄村から、国道118号、121号と会津鉄道に沿う形で南下し、
南会津町の廃校を巡っています。

中荒井分校跡をあとにして、訪れたのは..................旧・田島町立 荒海小学校滝原分校。


滝原分校は、

昭和21年滝原地区に校舎が建設されました。
当時は戦時下、旧制の国民学校の時代ですね。

昭和22年     学制改革により荒海村立荒海小学校滝原分校となる。
昭和30年     田島町・檜沢村・荒海村が合併され、田島町が発足。
           田島町立荒海小学校滝原分校と改称する。
昭和45年     本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。


廃校後、分校跡地は地域の集会所になったようです。

      20190423滝原分校01


しばらく、校舎は集会所として利用されていたようですが
平成18年に解体されて、現在は新しい集会所が建てられています。

      20190423滝原分校02


山あいの分校としては、それなりの敷地を有し
校庭もそれなりの広さが在ったようです。

      20190423滝原分校03


      20190423滝原分校04


      20190423滝原分校05


      20190423滝原分校06


校庭の隅に黒い物体。

      20190423滝原分校07

石碑のようです。


光の加減で見にくいですが..................


『滝原分校跡地』の碑です。

      20190423滝原分校08


      20190423滝原分校09



裏面には、簡略な沿革も刻まれています。

      20190423滝原分校10



校庭跡の隅っこに残る1基のブランコ。

      20190423滝原分校11



分校跡地の碑がなければ、だだっ広い空き地。
学校遺構が殆ど無いから、廃校跡地には見えづらい。

      20190423滝原分校12


せっかくだから、校庭跡地でちょこっと遊んじゃいましょう。

      20190423滝原分校13



とは言え、リードを離しても、走らない びいすけ 。

      20190423滝原分校14



元々、3歳過ぎからドッグランで走らなくなった びいすけ 。

      20190423滝原分校15



もっちゃん の後を一生懸命付いているだけ。

      20190423滝原分校16


今年の夏には10歳になる びいすけ 。


あと、どれくらいの廃校を一緒に巡る事が出来るんだろうか..................?



関連記事
スポンサーサイト



2019/07/05 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit