FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り..................土津神社 (2019年4月22日)(福島県摩耶郡猪苗代町) 

4月22日

この日は、1泊2日の予定で福島県に出かけました。
福島県と言っても広い。
今回は、猪苗代町を中心に会津方面を巡ります。


今回は、猪苗代町を中心に会津方面を巡ります。


磐椅神社をあとにして、向かった先は..................土津神社。


土津神社は、猪苗代町見祢山に鎮座する神社です。

土津神社は、延宝3年(1675年)磐梯山麓見祢山の地に葬られた
会津藩初代藩主・保科正之の墓所に造営されました。
古来の正式に則った神殿造で、日光東照宮と比較されるほどの
絢爛豪華な建物だったと言われています。

寛文12年(1673年)に正之が死去すると、
遺言通り見祢山の麓・磐椅神社の西方に葬られました。
正之は生前、死後は磐梯山の神を祀る磐椅神社の末社となって
永遠に神に奉仕したいと望んでいたという事です。

しかし、慶応4年(1868年)の戊辰戦争時に
母成峠の戦いで会津藩が敗れた後、
猪苗代城代高橋権大夫の命で土津神社には火が放たれ、
土津神社の社殿は全焼してしまいました。
その後、御神体は一時、斗南(青森県)に遷されましたが
明治7年に土津神社は再建され御神体も戻り、現在に至っています。


御神体は、保科正之公。


御神体である『保科正之って? 』と思う人もいるでしょう。

徳川第2代将軍徳川秀忠の四男(庶子)になります。
すなわち、徳川家康の孫にあたります。
信濃高遠藩主、出羽山形藩主を経て、
陸奥会津藩初代藩主となり、会津松平家の始祖となります。
第3代将軍・徳川家光の異母弟になり、
第3代将軍・家光と第4代将軍・家綱を輔佐し、幕閣に重きをなしました。
また領民の崇拝も高く、屈指の名君との呼び声も高かったそうです。



こちらが、社号標。

      20190422土津神社01



社頭には、案内板が建ち並びます。


説明板。

      20190422土津神社02


周辺案内図。

      20190422土津神社03


こちらも説明板。

      20190422土津神社04



神社社頭。

      20190422土津神社05



鳥居。
   
      20190422土津神社06



では、参道を進んでお詣りいたしましょう。

      20190422土津神社08



参道の由緒書き。

      20190422土津神社07


     
手水舎。

      20190422土津神社09



この石段の先が拝殿になります。

      20190422土津神社10



拝殿。

      20190422土津神社11


      20190422土津神社12



拝殿正面。

      20190422土津神社13


      20190422土津神社14



別アングルからの拝殿。

      20190422土津神社15


      20190422土津神社16


そして、こちらが本殿。

      20190422土津神社17



拝殿正面向かって左側。
神楽殿のようです。

      20190422土津神社18




境内には、土津霊神之碑。

      20190422土津神社19

亀石に乗った石碑は、高さ7.3m、重量30トンで日本最大のモノになるそうです。


その説明板。

      20190422土津神社20


      20190422土津神社21



境内社。

本殿右側に並ぶ霊社。

      20190422土津神社22


      20190422土津神社23


      20190422土津神社24


      20190422土津神社25



鳥居脇の境内社。

      20190422土津神社26


      20190422土津神社27





こちらにも神楽殿。

      20190422土津神社28



こちらは、御輿庫のようです。

      20190422土津神社29



社務所。

      20190422土津神社30



社務所の一角は授与所。

      20190422土津神社31

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



そして、こちらがその御朱印。

      20190422土津神社32

「丸に葵紋」、徳川本家とは、少しデザインの違う会津松平家の家紋。
(この家紋を見て、会津松平家と分かる人は歴史の通ですよ。)

その家紋が一際目立つ、土津神社の御朱印です。



関連記事
スポンサーサイト



2019/06/26 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit