FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

いなわしろ新八景..................《 天神浜 》 (2019年4月22日)(福島県摩耶郡猪苗代町) 

4月22日

この日は、1泊2日の予定で福島県へ出かけました。
福島県と言っても広い。
猪苗代湖のある猪苗代町を中心に会津方面へと向かいます。


猪苗代湖の湖畔に鎮座する小平潟天満宮。

      20190422天神浜01

この小平潟天満宮が鎮座する辺りを天神様の浜辺になるから
『天神浜』と称しているようです。


猪苗代町には、平成23年に公募により、
『いなわしろ新八景』なるものが制定されました。

実は、この『天神浜』も『いなわしろ新八景』の一つ。


『いなわしろ新八景』は、猪苗代の四季折々の自然、
心やすらぐ里山の風景、歴史ある街並みなど、
魅力あるスポットを選び、その選定地には碑が建てられています。

その選定地は

天神浜
観音寺川
達沢渓谷
中津川渓谷(秋元湖を含む)
土津神社
天鏡台(町営牧場を含む)
亀ケ城跡
天鏡閣

の8ヶ所となっています。



こちらが、『天神浜』の碑。

      20190422天神浜02


      20190422天神浜03


天神浜の辺りは『小平潟』と称し、多くの史跡が在るようです。

      20190422天神浜04



興味を惹きますが、先ずは猪苗代湖の湖畔へと向かいましょう。

      20190422天神浜05


猪苗代湖は、淡水湖としては日本第3位の大きさであり、
不凍湖で、冬は白鳥の飛来地ともなることでも有名です。

志田浜、長浜、天神浜という猪苗代湖三大湖水浴場がありますが
その中でも天神浜は最も美しい浜が広がっているとされ、
磐梯山を眺望する絶景の地にもなっています。





無料駐車場の前の湖畔の浜辺はオートキャンプ場。

      20190422天神浜06

実は、もう20年以上前になりますが
この天神浜のオートキャンプ場に来た事があります。
風が強くて火起こしに苦労した事を思い出しました。




浜辺を小気味良く闊歩する びいすけ 。

      20190422天神浜07



こちらが、猪苗代湖畔の天神浜。

      20190422天神浜10

そのバックに聳えるのは、会津磐梯山。


びいすけ と一緒にパチリ☆。

      20190422天神浜11

きっと、この風景も『いなわしろ新八景』に選ばれた理由の一つでもあるんだろうなぁ。


厳冬期に天神浜から南側の林を抜け、長瀬川の河口に向かうと
自然が作る氷の芸術『しぶき氷』が見られるそうです。
これは、湖水が強い西風にあおられて、岸辺の樹木に氷着したもので
国内ではきわめて珍しい現象だといわれているそうです。
『樹氷』に勝るとも劣らない美しさで見飽きることがないそうです。

残念ながら、今はその時期じゃないし、
極寒の時期にこの辺りに来るとは言う選択肢はありません(笑)。

湖面や渚では流氷や「御神渡り」に似た氷の隆起など、
さまざまな氷の変化を見ることができると言う事です。


厳寒期には、間違っても来ることはないから
この春の時期の猪苗代湖の天神浜を堪能する びいすけ家。

      20190422天神浜12


      20190422天神浜13


      20190422天神浜14


      20190422天神浜15



広い猪苗代湖。
遮るものが眼前にないから、湖からの風は、やはり強い。
春になったと言っても、やはり肌寒く感じます。
そろそろ撤収いたしましょう。

      20190422天神浜16



松林を抜けて、駐車場へ戻ります。

      20190422天神浜17



先程も少し触れましたが、天神浜周辺には史跡も多い。


天神浜のちょっと先、
小平潟八幡宮の大鳥居の脇には、蘆名兼載(猪苗代兼載)碑の説明板。

      20190422天神浜18


猪苗代氏は、猪苗代経連が鎌倉時代中期に陸奥国耶麻郡猪苗代を本貫とし、
猪苗代氏を称したのを始まりとされています。

猪苗代兼載は、猪苗代城主の家に生れましたが、早い時期に出家し、
19歳の時には「河越千句」に参加し連歌師心敬の教えを受け、
連歌界での活躍は目覚しく、38歳で北野連歌会所奉行及び師匠となっています。
50歳のとき関東に下り、各地を巡り、下総国古河で没したそうです。



こんな標柱も建てられています。

      20190422天神浜19

どうやら記念碑は、没後五百年のモノのようです。



こちらがその記念碑。

      20190422天神浜20


 
こちらにも説明板。

     20190422天神浜21



どうやら、こちらが猪苗代兼載碑。

      20190422天神浜22



そして、こちらが猪苗代兼載没後五百年碑。

      20190422天神浜23


そう言えば、小平潟天満宮の社頭に、
猪苗代兼載没後450年碑があったのを思い出しました。

猪苗代兼載って地元の人に慕われていたんだなぁ........................。






関連記事
スポンサーサイト



2019/06/23 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit