FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.................亀戸天祖神社 (2019年4月4日)(東京都葛飾区) 

4月4日

この日は、都内の散歩。

JR亀戸駅にから京成線の押上駅まで
御朱印拝受の神社巡りは続きます。

小村井香取神社をあとにして、向かった先は...............亀戸天祖神社。


亀戸天祖神社は、東京都江東区亀戸に鎮座する神社です。

推古天皇の御代(593年~628年)に聖徳太子の作による神像を祀ったのが創建とされます。
社地は東京湾の奥に点在した小島のうち『柳島』と呼ばれた島でした。
当初は柳島・砂原神明宮と称し、柳島の総鎮守でした。

永享年間(1429年~1441年)に社殿が崩壊してしまいましたが、
戦国期に入ってしまい、修復も進まない中、
天文10年(1541年)になって再建されたそうです。

御祭神は、天照皇大御神。



浅草通りには、こんな看板も建て掛けられているから
迷わずに辿り着けます。

      20190404亀戸天祖神社01


神社社頭。
一の鳥居。

      20190404亀戸天祖神社03



社頭には、こんな案内板。

      20190404亀戸天祖神社02


     
木々の影に隠れるように建つ社号標。

      20190404亀戸天祖神社04


手水舎。

      20190404亀戸天祖神社05


吐出口には『お地蔵さん』?

      20190404亀戸天祖神社06

と、思ったら童像。
実は、こちらの天祖神社の境内には多くの童像が置かれています。


こちらご、二の鳥居。

      20190404亀戸天祖神社07


      20190404亀戸天祖神社08


そして、拝殿。

      20190404亀戸天祖神社09


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190404亀戸天祖神社10


拝殿正面に飾られた提灯。

      20190404亀戸天祖神社11


拝殿前の天水桶。

      20190404亀戸天祖神社12


拝殿前の狛犬。

      20190404亀戸天祖神社13


      20190404亀戸天祖神社14



こちらは、境内社・太郎稲荷神社。

      20190404亀戸天祖神社15


      20190404亀戸天祖神社16


      20190404亀戸天祖神社17


      20190404亀戸天祖神社18


こちらの天祖神社は、亀戸七福神の福禄寿にあたるそうで
境内には、福禄寿も祀られています。

      20190404亀戸天祖神社19


境内には、多くの童像。

  20190404亀戸天祖神社20


      20190404亀戸天祖神社21


      20190404亀戸天祖神社22


      20190404亀戸天祖神社23


そして、双体道祖神。

      20190404亀戸天祖神社24

この手の道祖神を東京の神社で見かける事は珍しい。

社務所に居らした女性(宮司さんの奥さん?)の話だと
以前、宮司さんの発案で境内が寂しいからと、
道祖神と童像を置いたそうです。

氏子さんからの評判も良く、その後氏子さんからの奉納で
童像と道祖神が増えていったそうです。



芳名碑。

      20190404亀戸天祖神社27

氏子さんの敬愛が厚い神社なんですね。



こちらが、御朱印。

      20190404亀戸天祖神社25


兼務社の太郎稲荷神社の御朱印も拝受いたしました。

      20190404亀戸天祖神社26

亀戸七福神の福禄寿の御朱印も拝受されているのですが
今回は拝受せず、亀戸七福神巡りの際にでも改めて拝受したいかと思います。


関連記事
スポンサーサイト



2019/06/12 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit