FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.................小村井香取神社 (2019年4月4日)(東京都葛飾区) 

4月4日

この日は、都内の散歩。

JR亀戸駅から京成線の押上駅まで
御朱印拝受の神社巡りは続きます。

亀戸香取神社をあとにして、向かった先は...............子村井香取神社。


亀戸香取神社は、東京都墨田区文花に鎮座する神社です。
てっきり、江東区かと思っていたら、
いつの間にか墨田区を歩いていたんですね。

小村井香取神社は、平安時代の末期に千葉県香取郡から六軒の人々が移住し、
香取神宮の御分霊を氏神として祀ったことに始まるそうです。

この辺りは、『小村江(入り江に面した小村の意)』と呼ばれており、
鎌倉時代には、伊勢神宮の荘園『葛西御厨』の一部とされていました。


御祭神は、經津主大神(伊波比主大神)。


社号標。

      20190404小村井香取神社01



神社社頭。

      20190404小村井香取神社03



一の鳥居。

      20190404小村井香取神社02



境内の由緒書き。

      20190404小村井香取神社04



こちらは、旧社号標。

      20190404小村井香取神社05

『大日本武将祖神』と刻まれています。



こちらは、小村井梅園の由来書。

      20190404小村井香取神社06

境内隣地には名主・小山孫左衛門が三千坪超の広大な梅園を有しており、
毎年将軍の御成があるなど、江戸近郊における観梅の名所でした。
しかしながら、明治43年に起きた大水害によって梅園は廃園となってしまいます。。

かつて江戸の名所だった『小村井梅園』を再現しようと、
平成6年に、境内の一角に『香梅園』が造られました。



手水舎。

      20190404小村井香取神社07



二の鳥居。

      20190404小村井香取神社08



拝殿。

      20190404小村井香取神社09



拝殿正面。

      20190404小村井香取神社10


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190404小村井香取神社11


別アングルからの拝殿。

      20190404小村井香取神社12


      20190404小村井香取神社13



そして、こちらが本殿。

      20190404小村井香取神社14



拝殿前の狛犬。

      20190404小村井香取神社15


      20190404小村井香取神社16



拝殿前の天水桶。

      20190404小村井香取神社17




境内社。

本殿右奥の諏訪神社。

      20190404小村井香取神社18


こちらは、本殿右側には三峯神社。

      20190404小村井香取神社19



こちらは、天祖神社・水神社・稲荷神社・北野神社の合殿。

      20190404小村井香取神社20



本殿左側の西参道口。

      20190404小村井香取神社21



こちらは、本殿右側の東参道口。

      20190404小村井香取神社22



神楽殿。

      20190404小村井香取神社23


神輿庫。

      20190404小村井香取神社24


      20190404小村井香取神社25



境内の板碑。

      20190404小村井香取神社26


そして、御神木。

      20190404小村井香取神社27
      20190404小村井香取神社28
      20190404小村井香取神社29


こちらが、社務所。

      20190404小村井香取神社30

御朱印は、こちらで拝受出来ます。


こちらが、小村井香取神社の御朱印。

香梅園のシールが有るのモノと無いものの2種。
いずれも書置き対応となります。

      20190404小村井香取神社31


      20190404小村井香取神社32

せっかくの御縁ですから、2種拝受いたしました。



関連記事
スポンサーサイト



2019/06/12 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit