FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............高田氷川神社    (2019年3月24日)(東京都豊島区) 

3月24日

この日は、都内・豊島区並びに新宿区の散歩。

山手線の目白駅から下落合方面へと足を伸ばし
その後、早稲田方面へと足を伸ばします。
御朱印拝受の神社巡りは、まだまだ続きます。


下落合氷川神社をあとにして、向かった先は..................高田氷川神社。



高田氷川神社は、東京都豊島区高田に鎮座する神社です。


貞観年間(859年~877年)の創建とされ、大宮氷川神社の御分霊を勧請したとされています。

平安時代初期の歌人である在原業平も参拝したと伝えられ、
山吹の里氷川宮と呼ばれていたそうです。

鎌倉時代~室町時代には武家の崇敬が篤く、
江戸時代に入ると、さらに商家・職人・農民らの信仰も集め、
氷川大明神と称されて、旧・下高田村の総鎮守となっていたそうです。

主祭神が素盞嗚尊であることから『男体の宮』とも言われ、
また、旧・落合村の下落合氷川神社が奇稲田姫命を主祭神とすることから
『女体の宮』とも言われ、二つで『夫婦の宮』と呼ばれていたそうです。


御祭神は、
素盞嗚尊
奇稲田姫命
大巳貴命



社号標。

      20190324高田氷川神社01



神社社頭の鳥居。

      20190324高田氷川神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20190324高田氷川神社03



由緒書き。
     
      20190324高田氷川神社05



鳥居をくぐれば、神橋。

      20190324高田氷川神社06



社殿へと続く参道。

      20190324高田氷川神社07



手水舎。

      20190324高田氷川神社08



こちらは、社殿右奥の参道口。

      20190324高田氷川神社09



こちらにも鳥居が在ります、

      20190324高田氷川神社10



その鳥居に掲げられた神額。

      20190324高田氷川神社11




境内社の高田姫稲荷神社。

      20190324高田氷川神社12


      20190324高田氷川神社13


      20190324高田氷川神社14


その由緒書き。

      20190324高田氷川神社15


別アングルからの高田姫稲荷神社の社殿。

      20190324高田氷川神社16


      20190324高田氷川神社17



と、ここまで境内の写真と境内社の高田姫稲荷神社の写真ばかりですが
実は、敷地内の撮影が禁止と言う事です、怒られてしまいました。
故に、肝心の高田氷川神社の拝殿、本殿の画像がありません。
あしからず..................。





狛犬。

      20190324高田氷川神社18

本来は参道にあるべき狛犬が境内の片隅に.........



境内社の祠。

      20190324高田氷川神社19



神楽殿。

      20190324高田氷川神社21



御輿庫。

      20190324高田氷川神社22



百度石。

      20190324高田氷川神社23



こちらが社務所。

      20190324高田氷川神社24

実は、境内に防犯カメラが設けられていて
境内の写真を撮っていた私を防犯カメラでチェックしていたらしい。

御朱印をお願いするときに、しっかりと注意と指導を頂きました。
頂きたいのは、御朱印だけだったのですが..................


頂いた御朱印はこちら二なります。
いずれも書置き版。

高田氷川神社の御朱印。

      20190324高田氷川神社25


高田姫稲荷神社の御朱印。

      20190324高田氷川神社26


御朱印帳に墨書き希望の場合、予め墨書き出来る曜日と時間帯が決められているようです。





関連記事
スポンサーサイト



2019/06/01 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit