FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・廃校を探して.............日暮里小学校 (2019年3月24日)(東京都荒川区) 

3月24日

この日は、都内・豊島区の巣鴨に出かけました。

私の住む千葉県からは、京成線で都内に出るのですが
その京成線の都内でのターミナル駅が日暮里駅。

日暮里駅周辺には、色々と見所もあって
本当は、 びいすけ を連れて来て一緒に散歩でもしたいのだけど
電車に びいすけ を乗せるのは大変だし..................
(過去、八王子のさ実家まで電車[京成線、都営地下鉄、京王線]
を乗り継いで行きましたが、そりゃもう大変でした。)
かと、言って車で来たら、駐車場に苦労しそうだし..................

と言うことで、 びいすけ は今日も留守番。
びいすけ父さんの都内散歩です。


以前、日暮里駅前の周辺の案内地図で、
『日暮里小学校跡』なるモノを見つけました。

非常に気になっていたので、ちょっぴり覗いてみましょう。



地図によれば、この建物の建つ場所が日暮里小学校跡のようようです。

      20190324日暮里小学校01

完全な住宅街です。


コンクリート塀に掲げられた説明板。

      20190324日暮里小学校02


      20190324日暮里小学校03



説明板の文面によれば..................

日暮里小学校は、
明治11年谷中天王寺門前の瑞輪寺境内にあった寺子屋が
日暮里6番地に分離移転する
明治18年東京府知事の認可を受け、公立日暮里小学校となる。
大正2年日暮里尋常高等小学校と改称する。
昭和11年校地を新築移転する(現:荒川区立第一小学校)。

と、このような沿革となっているようです。



昭和11年まで、この地は小学校だったようです。
現在、跡地は公共の施設、児童館となっています。

      20190324日暮里小学校04


      20190324日暮里小学校05



元々、敷地はそんなに広くはなかったのでしょう。
住宅街の中に、ポツンと児童館が建っています。

      20190324日暮里小学校06

とは言え、この辺りは寺町だから寺院も多く、
寺子屋だったらそんなに広い敷地も要らなかったのでしょう。




こちらが、昭和11年に移転した、現在の小学校。

      20190324日暮里小学校07



荒川区立日暮里第一小学校の校舎。

      20190324日暮里小学校08

現役の小学校だから、勝手に中に入れないから
校門からそっと眺めます。


校門前には、フクロウ(?)のオブジェ。

      20190324日暮里小学校09



オブジェの横には『正直 親切』の碑文。
高村光太郎の直筆らしい。

      20190324日暮里小学校10


都内も特に山手線の内側は、空洞化で人口が減り
廃校も多いと聞きます。
多分、この先都内を散歩していれば、
多くの廃校、学校跡に出会うんだろうなぁ。




関連記事
スポンサーサイト



2019/05/28 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit