FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............矢口の渡し跡 (2019年3月18日)(東京都大田区) 

3月18日

この日は、都内・大田区に出かけました。
蒲田界隈を散歩します。

蒲田駅前から矢口方面へと足を伸ばし、
訪れた東八幡神社。

      20190318矢口の渡し01


      20190318矢口の渡し02


その境内で、こんな碑を見つけました。

      20190318矢口の渡し03

『矢口の渡し跡』の碑。



江戸中期以降、この付近に「矢口の渡し」と呼ばれる渡し場があったそうです。

今でこそ河川が整備されていますが、
『矢口の渡し』の位置は、多摩川の流れの変化に従って変わりました。

昭和24年に多摩川大橋が完成するまで、
この付近が区内で最後の渡船場として利用されていたそうです。





多摩川の堤防から眺める多摩川大橋。
橋の向こう側は神奈川県川崎市。

      20190318矢口の渡し04



ここから1kmほど北に「新田神社」があります。
新田義貞の子である義興 が, 『矢口の渡し』で命を落とし、
この地に埋葬され, その墓前に建てられたのが新田神社と言われています。

新田義興が『矢口の渡し』で討死したといわれる延文3年(1358年)頃の渡し場は,
現在の新田神社付近であったとされ、多摩川は,今より東へ大きく 迂回していたそうです。
渡し場がこの付近になったのは、江戸中期からであるとされています。

      20190318矢口の渡し05


      20190318矢口の渡し06



堤防から河岸に降りて、多摩川の流れに近づいてみましょう。



この場所に『矢口の渡し』の説明板が建っていたのですが
説明板そのものは、破損のため外されていました。

      20190318矢口の渡し07



河川の護岸も整備された多摩川。
古くは旧鎌倉街道の渡しであった『矢口の渡し』。

      20190318矢口の渡し08


      20190318矢口の渡し09


      20190318矢口の渡し10


今では、その面影もないようです..................,。





関連記事
スポンサーサイト



2019/05/24 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit