FC2ブログ

05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

び・び・びのびいすけ

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............染井稲荷神社 (2019年3月17日)(東京都豊島区) 

3月17日

この日は、都内・文京区界隈への散歩。
水道橋駅からスタートして、小石川、音羽方面へと移動し、
護国寺から白山方面へと足を伸ばし、さらには駒込方面へと向かい
御朱印拝受の神社巡りは、まだまだ続きます。


妙義神社をあとにして、向かった先は..................染井稲荷神社。



染井稲荷神社は、東京都豊島区駒込に鎮座する神社です。


創建時期は不詳ですが、社伝によれば霊元天皇の御宇、
延宝2年(1674年)以前の創建とされているようです。

往古よりこの地に鎮座し、染井村の鎮守であったとされています。
かつて境内に「染井」と呼ばれた泉があり、
これが染井と言う地名の由来となったといわれています。

隣接する藤林山西福寺が別当寺で、
江戸時代には西福寺の本堂と渡り廊下で繋げられていたということです。

この辺りには大名屋敷が多く、造園を行う植木屋が多数集まったことから
苗樹園が連なり、歴代将軍が遊覧に訪れる名所となりました。
幕末期にこの造園師達によって桜の代表である「染井吉野(ソメイヨシノ)」が創りだされ
明治以降、全国に広まったそうです。



御祭神は、保食神
大山祗命


妙義神社からも意外に近く、染井稲荷神社に近づくにつれ
『染井よしの桜祭り』の幟や提灯が目に付くようになります。

      20190317染井稲荷神社03

染井吉野は、まだ咲く気配などありませんが
地元では『染井よしの桜祭り』が始まっているようです,



社号標。

      20190317染井稲荷神社01



神社社頭。

      20190317染井稲荷神社02



境内にも、『染井よしの桜祭り』の提灯が張られています。

      20190317染井稲荷神社04



鳥居。

      20190317染井稲荷神社05



鳥居に掲げられた神額。

      20190317染井稲荷神社06



手水舎。

      20190317染井稲荷神社07



拝殿。

      20190317染井稲荷神社08



拝殿正面。

      20190317染井稲荷神社09


      20190317染井稲荷神社10



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190317染井稲荷神社11



別アングルからの拝殿。

      20190317染井稲荷神社12



拝殿前の狛犬。

      20190317染井稲荷神社13


      20190317染井稲荷神社14


稲荷神社と言う割には、神使いの狐が拝殿前に居ない。



拝殿正面左側には由緒書き。

      20190317染井稲荷神社15



こちらは、境内社の稲荷社。

      20190317染井稲荷神社16


      20190317染井稲荷神社18    



氏子さんの奉納した石祠も鎮座しています。

  20190317染井稲荷神社17


      

神輿庫。

      20190317染井稲荷神社19


      20190317染井稲荷神社20



こちらが、染井稲荷神社の御朱印。

      20190317染井稲荷神社21

社務所にて拝受いたしました。




関連記事
スポンサーサイト
2019/05/19 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit