FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............吹上稲荷神社 (2019年3月17日)(東京都文京区) 

3月17日

この日は、都内・文京区界隈への散歩。
水道橋駅から小石川、音羽方面へと足を伸ばし、
さらには護国寺方面へと向かいます。

腰掛稲荷神社をあとにして、向かった先は..................吹上稲荷神社。


吹上稲荷神社は、東京都文京区大塚に鎮座する神社です。

この辺りは池袋にも近いし、大塚っててっきり豊島区だと思っていたら
文京区にも大塚って地番があるんですね。
これが、また豊島区の大塚に近いからややこしい。


吹上稲荷神社は、元和8年(1622年)、江戸幕府二代将軍・徳川秀忠が
下野国日光山から賜った稲荷大神の御神体を、江戸城内の紅葉山吹上御殿内に奉斎し、
「東稲荷宮」と称したのが創祀であるとされています。

五代将軍・綱吉の頃、江戸城内から一橋外護持院ケ原に遷座し、
その後水戸徳川家の分家である松平大学頭家(守山松平家)が拝領し、邸内に遷されました。
さらには、宝暦元年(1751年)に石川山福寿院善仁寺に再遷座され、現社号に改称されました。
その後遷座を繰り返し、明治45年に現社地に鎮座しました。


御祭神は、保食之大神。



社号標。

      20190317吹上稲荷神社01



一の鳥居。

      20190317吹上稲荷神02



二の鳥居。

      20190317吹上稲荷神社03



二の鳥居に掲げられた神額。

      20190317吹上稲荷神社04



明治39年にたてらた碑。

      20190317吹上稲荷神社05

『皇威宣揚』と記されているけれど、
碑文はよく分からない。


由緒書き。

      20190317吹上稲荷神社06



稲荷神社って、赤い幟が多いけど
こちらは、紫色の幟。

      20190317吹上稲荷神社07



神使いの狐にも紫色の前掛け。

      20190317吹上稲荷神社08


      20190317吹上稲荷神社09



手水舎。

      20190317吹上稲荷神社10



定番の龍の吐出口。

      20190317吹上稲荷神社11



こちらが拝殿。

      20190317吹上稲荷神社12



拝殿正面。

      20190317吹上稲荷神社13



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190317吹上稲荷神社14



別アングルからの拝殿。

      20190317吹上稲荷神社15


      20190317吹上稲荷神社16



こちらは、境内社。

      20190317吹上稲荷神社17



社務所。

      20190317吹上稲荷神社18



こちらが、御朱印。

      20190317吹上稲荷神社19


社務所にて拝受いたしました。

関連記事
スポンサーサイト



2019/05/16 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit