FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

大野城址   (2019年3月9日)(千葉県いすみ市) 

3月9日

この日は、いすみ市に出かけました。


松尾神社をあとにして、向かった先は...............大野城址。



大野城は、1400年代に伊北荘を支配した上総狩野氏の居城と言われてます。
上総狩野氏は伊豆の豪族で、狩野城主であった狩野氏の一族です。
安土桃山時代に画壇を牛耳ることとなった狩野派の始祖である狩野正信を輩出したとされます。

戦国時代には、この地域は大多喜城主である正木氏の支配下になったと考えられます。
従って、大野城も大多喜城の支城となったと推測されているようです。

こうした背景から、大野城には狩野氏の居城としての時代と
正木氏の城郭として戦国末期に取り立てられた時代と二つの時代が存在しており、
現存する大野城の遺構からは、戦国末期に築城、
又は大幅な改修を受けた城とされているようです。



こちらか、大野城の縄張り図。

      20190309大野城縄張り図

( 余湖さんのHP よりお借りしました )





先人さんたちのブログを拝見すると、以前には無かった説明板が
公民館の近くに建っています。

      20190309大野城址01


その近くには、『狩野派始祖 狩野正信 生誕地』 の碑。

      20190309大野城址02


大野城址は台地の上に鎮座する八幡神社を目指せば良い。


こちらが、八幡神社への参道口。
この石段を上がって行けば、八幡神社になります。

      20190309大野城址24

でも、それじゃツマらない。


ここは敢えて、こちらから登城いたしましょう。

      20190309大野城址03



大野城址の見所の一つである堀切。

      20190309大野城址04


      20190309大野城址05


堀切の先は、堀ノ田。

      20190309大野城址06

水堀跡になります。



堀ノ田の右側。
四郭になります。

      20190309大野城址07


耕地化されて、果樹園跡のようですが、
奥にはソーラーパネルが設置されています。

      20190309大野城址08

最近、城跡にソーラーパネルってパターンも多いんだよね。



さらに進んで行きましょう。
右手に三郭を眺めながら進んで行きます。

      20190309大野城址09



そして、鳥居がお出迎え。
先程の八幡神社への石段を上がった所に合流します。

      20190309大野城址10



八幡神社への参道。

      20190309大野城址11



八幡神社への参道は自然の土壇か?
はたまた人工的な土塁なのか?
城址の雰囲気は満載。

      20190309大野城址12


      20190309大野城址13



こちらが、八幡神社。

      20190309大野城址14


八幡神社の先は、二郭への登城路。

      20190309大野城址15



二郭虎口。

      20190309大野城址16


こちらが、二郭。

      20190309大野城址17


耕地化されているけれど、見た感じ休耕中のように感じてます。

      20190309大野城址18


      20190309大野城址19



二郭と主郭を隔てる空堀跡。

      20190309大野城址20



そして、こちらが主郭。

      20190309大野城址21



台地麓から眺める大野城址。

      20190309大野城址22



この真上が二郭になるようです。

      20190309大野城址23


      
こちらは、根古屋地区。

      20190309大野城址25

土塁の跡のような土壇が確認出来ます。



3月も中旬となると、随分と暖かくなって
少しずつ緑も増えてきた。
これから先は下草も増えてきて、城址、城郭巡りには辛くなる季節になりますね。

最近は、城址巡りも機会が減ってきちゃったけれど、
やっぱり、城址・城郭巡りは楽しいものです。




関連記事
スポンサーサイト



2019/04/29 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit