FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................国吉小学校 (2019年3月9日)(千葉県いすみ市) 

3月9日

この日は、いすみ市に出かけました。

平成29年に、いすみ市の中川小学校と国吉小学校が統合して
新たにいすみ市立夷隅小学校が設立され、
中川小学校と国吉小学校は廃校となりました。
その2校の廃校に訪れるためにやって来たいすみ市。

訪れたのは............いすみ市立国吉小学校。


国吉小学校は、

明治7年      深谷村の円蔵寺に深谷小学校を設置される。
           同時期に苅谷小学校,萬木小学校が開設される。
明治11年     深谷小学校が楽町村へ移転
明治20年     萬木小学校を合併する。
明治22年     苅谷村・弥正村・深谷村・今関村・島村・楽町村・万木村・国府台村が合併して国吉村誕生。
           小学校の組織を変更して、深谷小学校は北尋常小学校、苅谷小学校を南尋常小学校と改称する。
明治24年     国吉村が町制施行して国吉町となる。
明治32年     南北の両小学校を合併して国吉小学校を設置する。
            教場は従来通り南、北教場の名をもって存置する
明治35年     新校舎建築落成により現在地に移転する。
昭和22年     学制改革により国吉町立国吉小学校と改称する。
昭和29年     国吉町、千町村、中川村が合併して夷隅町誕生。
           夷隅町立国吉小学校と改称する。
平成18年     夷隅町、大原町,岬町が合併していすみ市誕生。
           いすみ市立国吉小学校と改称
平成29年     中川小学校と合併して、いすみ市立夷隅小学校が設立。
           国吉小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。


統合して誕生した夷隅小学校。
新たな校地を準備した訳ではなく
国吉小学校の校舎を解体して、跡地に新校舎を建設する。
新校舎完成までは、中川小学校の施設を流用して仮校舎とする。
こんな流れで平成29年度よりスタートしています。


こちらが、国吉小学校の正門。

      20190309国吉小学校01

門扉は、しっかりと閉ざされ、中に立ち入る事は出来ません。


広い校庭も整備されているようです。

      20190309国吉小学校02


新しい校舎も完成間近でしょうか?

      20190309国吉小学校03



夷隅小学校のHPを覗くと、3月6日から
新校舎への引っ越し作業が始まったようです。

      20190309国吉小学校04


一部、まだ工事は残っているみたいですが............

      20190309国吉小学校05

どうやら、新学期は新しい校舎で迎えるようになりそうですね。



と、なると春からは現役の小学校となる。

こちらは、裏門のようです。

      20190309国吉小学校06

この門扉の先に行くのは難しくなりますね。


新しい校舎。

      20190309国吉小学校08



新しい体育館。

      20190309国吉小学校07


国吉小学校は、その役目を終えて
夷隅小学校として生まれ変わって行く。

これも時代の流れなんですね。






ここからは、おまけ。




校地に入れないから、ぐるっと校地を正門から裏門まで回っていると
こんな場所に遭遇しました。
      
      20190309国吉小学校09

私有地のようですが、立ち入り禁止でもない。
四阿も設けられている。


そして、数基の碑も建てられている。
その中の1基には『深谷 大曽根 本家の沿革』と記されている。

      20190309国吉小学校10


碑文を読むと、深谷大曽根 本家は上総萬喜城主 土岐氏の重臣だったそうです。
天正十八年の秀吉の小田原攻めにて北条氏は滅亡し、
北条氏に与した萬喜城主・土岐氏も側近と共に他国に逃げ延びましたが
多くの家臣はこの地にて帰農することが許されました。
土岐氏の重臣だった大曽根伊勢守重行の嫡孫の道相(金十郎)も
深谷村で帰農し、深谷大曽根氏の始祖となったそうです。



その大曽根氏の碑。

      20190309国吉小学校11


      20190309国吉小学校12



ちょっとした塀もあって、それっぽく見せている。

      20190309国吉小学校13



近隣の民家の表札をみると、確かに大曽根さん。。

      20190309国吉小学校14


立派な家(屋敷?)が建っている。
きっと、地元の名士になるんでしょうね。


きっと、この国吉小学校も大曽根さんの御尽力があって
この地に建てられたのかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト



2019/04/30 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit