FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

若森城祉   (2019年2月26日)(茨城県つくば市) 

2月26日


この日は、つくば市に出かけました。


一ノ矢八坂神社をあとにして、向かった先は................若森城址。


若森城は、下妻城主である多賀谷氏が築いた城と言われています。
元亀年間(1570~1573年)に多賀谷政経が築城し、
その家臣白井対馬守を城主としたとされています。

小田城が廃城となると、若森城も廃城となったようです。
江戸時代になり、徳川家の旗本である堀田氏の領地となり、
この地に若森陣屋を置きましたが、幕末の文久3年1863年に取り壊されました。

明治維新になって陣屋が廃された後、ここには県庁が置かれることになりました。
筑波、真壁、西茨城、東茨城、行方、稲敷、鹿島の7郡が統一され、
約28万石の若森県となり、その県庁が置かれたのがこの若森城址(若森陣屋跡)でした。
若森県庁が建てられた際には、郭内が改変されたと言われています。
しかし、設立からわずか2年9ヶ月で、若森県は新治県と茨城県に統合され消滅してしまいました。



こちらが、若森城の縄張り図。

      若森城縄張り図

                 ( 余湖さんのHP よりお借りしました )


城址入口(県道沿い)に建つ説明板。

      20190226若森城01

つくば市は、若森城よりも若森県庁跡を重要視として
史跡として文化財指定をしているようです。


実は、若森城址は個人の敷地のため、立入禁止。
現地にも立入禁止の看板も立っているし、
この先を進めば、民家の敷地となってしまう。

      20190226若森城02

とは言え、城郭遺構は見たい!!
欲望との闘いです。



本当はいけないのだろうが、敢えてさらに10mほど進んで
土塁をチェック。

      20190226若森城03


      20190226若森城04


  
民家がみえてきtsから、ここが限界点。

      20190226若森城05


速やかに戻ります。


と言いながら、郭内を覗き込みます。

      20190226若森城07


しっかりと確認出来た土塁。

      20190226若森城06


この際だから、びいすけ も1枚、パチリ☆。

      20190226若森城08



説明板の場所まで戻り、裏から回ってみましょう。


下草が残る中、うっすらと土塁が確認できる。

      20190226若森城09


      20190226若森城


      20190226若森城13



こちら郭内。

      20190226若森城11


全体を把握できていないから
縄張り図のどの位置にいるかも不明。

      20190226若森城12

じっくり回れないと、城郭探検の楽しさも半減しちゃいます。



天然の川? それとも堀?沿いに歩いて見ると
若森城はかなり広い敷地のようです。

      20190226若森城


堀?沿いに裏手に回った見ると、産廃の集積場のような施設があるのか?
犬連れで散歩に来るような場所には思えないから撤収。

ちょっぴり、不完全燃焼状態な若森城の攻略でした.........................。



関連記事
スポンサーサイト



2019/04/17 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit