FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............一ノ矢八坂神社    (2019年2月26日)(茨城県つくば市) 

2月26日 

この日は、茨城県のつくば市に出かけました。

向かった先は....................一ノ矢八坂神社。


一ノ矢八坂神社は、つくば市玉取に鎮座する神社です。

清和天皇の時代の貞観元年(859年)に創建されたとされ、
天慶年間(938年 〜 947年)には、藤原秀郷が参拝に訪れ、
平将門討伐のための戦勝祈願として、矢を納めたと伝えられています。

戦国時代になると、この地域の領主・小田氏の崇敬を受け、弓矢の奉納を受けています。
そのため小田城の落城に伴い、天正年間(1573年 〜 1593年)には、兵火に遭い、
社殿を焼失してしまいました。

江戸時代になると、文禄年間(1593年 -〜1596年)に社殿が再建され、
玉取藩主の堀通周が延宝4年(1676年)に本殿の造営が行われました。


御祭神は、素戔嗚尊。



学園東大通りに面して建つ一の鳥居。

      20190226 一ノ矢八坂神社01


一の鳥居に掲げられた神額。

      20190226 一ノ矢八坂神社02



一の鳥居から始まる参道。
右手は駐車場。
その駐車場に建てられた由緒書き。

      20190226 一ノ矢八坂神社03



こちらは社号標。

      20190226 一ノ矢八坂神社04


神社社頭。

      20190226 一ノ矢八坂神社


鳥居は二の鳥居。

      20190226 一ノ矢八坂神社07



二の鳥居の先にも由緒書き。

      20190226 一ノ矢八坂神社06


     
手水舎。

      20190226 一ノ矢八坂神社09



定番の龍の吐出口。

      20190226 一ノ矢八坂神社10



こちらが、拝殿。

      20190226 一ノ矢八坂神社08
      


拝殿前の狛犬。

      20190226 一ノ矢八坂神社11


      20190226 一ノ矢八坂神社12



拝殿正面。

      20190226 一ノ矢八坂神社13


      20190226 一ノ矢八坂神14



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190226 一ノ矢八坂神社15



別アングルからの拝殿。

      20190226 一ノ矢八坂神社16


      20190226 一ノ矢八坂神社17



そして、こちらが本殿。

      20190226 一ノ矢八坂神社18



何気に本殿も立派なモノ。

      20190226 一ノ矢八坂神社19



拝殿正面には、提灯。

      20190226 一ノ矢八坂神社20



拝殿に掲げられた奉納扁額。

      20190226 一ノ矢八坂神社21


      20190226 一ノ矢八坂神社22




境内社。

      20190226 一ノ矢八坂神社23



駐車場の一角、こちらも境内社。

      20190226 一ノ矢八坂神社24


      20190226 一ノ矢八坂神社25



本殿右側(西側?)の参道口の鳥居。

      20190226 一ノ矢八坂神社26



旧道沿いに建つ社号標。

      20190226 一ノ矢八坂神社27



境内の碑。

      20190226 一ノ矢八坂神社28


      20190226 一ノ矢八坂神社29



境内。

      20190226 一ノ矢八坂神社31
      20190226 一ノ矢八坂神社32
      20190226 一ノ矢八坂神社33



こちらが、社務所。

      20190226 一ノ矢八坂神社30



一ノ矢八坂神社では、御朱印は電子版の配布となります。

      20190226 一ノ矢八坂神社34

この貼り紙に記載されているQRコードでアクセスします。



こちらが、電子版の御朱印。

      20190226 一ノ矢八坂神社35


こう言った御朱印の授与の方法もあるんだなぁ、と感心。

いずれ、こう言った形の御朱印授与が主流になっていくんだろうか?




関連記事
スポンサーサイト



2019/04/16 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit