FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.................神楽坂若宮八幡神社 (2019年2月22日)(東京都新宿区) 

2月22日

この日の午前中は健康診断の再検査。
再検査が終わったあとは、都内散歩と洒落込みます。
御朱印拝受の散歩といたしましょう。

市ヶ谷からの都内散歩は続きます。


市谷亀岡八幡宮をあとにして、向かった先は............神楽坂若宮八幡神社。


神楽坂若宮八幡神社は、東京都新宿区若宮町に鎮座する神社です。


文治5年(1189年)奥州・藤原泰衝の征伐に向かった源頼朝が、
当地で下馬し宿願しました。
その後、藤原泰衝を討ち奥州を平定した頼朝は鎌倉に戻った後、
ここに鎌倉・鶴岡八幡宮の御分霊を勧請したのが始まりとされています。
当初は若宮(仁徳天皇)を祀っていましたが、
後に八幡神(応神天皇)が祀られるようになったとされ、
一時衰退しましたが、文明年間(1469年~1487年)に
太田道灌が築城した江戸城鎮護のため再興したそうです。


御祭は、仁徳天皇・応神天皇。




外堀通り沿いに面する庚嶺坂(ゆれいざか)。

      20190222神楽坂若宮八幡01

江戸初期、この坂あたりに多くの梅の木が あったため、
2代将軍秀忠が中国の梅の名所 の名をとったと伝えられています。


この坂を上った先に神楽坂若宮八幡神社は鎮座しています。


ゆっくりと坂を上っていくと、右手方向に鳥居が見えてきました。

      20190222神楽坂若宮八幡02



マンションの隣に鎮座する神楽坂若宮八幡神社。

      20190222神楽坂若宮八幡03



社号標。

      20190222神楽坂若宮八幡04



社頭の鳥居。

      20190222神楽坂若宮八幡05



鳥居に掲げられた扁額。

      20190222神楽坂若宮八幡06



社頭に来掲げられた由緒書き。

      20190222神楽坂若宮八幡07



手水舎。

      20190222神楽坂若宮八幡08



狛犬。

      20190222神楽坂若宮八幡09


      20190222神楽坂若宮八幡10



こちらが、拝殿。

      20190222神楽坂若宮八幡11



拝殿正面。

      20190222神楽坂若宮八幡12



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190222神楽坂若宮八幡13



別アングルからの拝殿。

      20190222神楽坂若宮八幡14



そして、こちらが本殿。

      20190222神楽坂若宮八幡15



境内社。

      20190222神楽坂若宮八幡16


隣接するマンションの1階が社務所。

      20190222神楽坂若宮八幡17


      20190222神楽坂若宮八幡18

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



こちらが、御朱印。

      20190222神楽坂若宮八幡19


流れるような書体。
やはり字の上手い人、毛筆の達筆な字人が羨ましいですね。

関連記事
スポンサーサイト



2019/04/12 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit