FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.....................大國神社 (2019年1月25日)(東京都豊島区) 

1月25日

この日は遅番勤務。
12時からの勤務だから、午前中の数時間を使って都内散歩。
御朱印拝受の神社巡りとなりました。


駒込日枝神社をあとにして、向かった先は.............大國神社。


大國神社は、東京都豊島区駒込に鎮座する神社です。


天明3年(1783年)、当社宮司家・大島氏の先祖が、
栃木県下都賀郡大川島村から当地へ移り住む際、
奉斎していた神祠も遷したのを起源とするそうです。

徳川家斉が将軍職に就く前に、当社に参詣しました。
その後、家斉が第11代将軍となったことから「出世大黒」とも称されました。

明治12年(1879年)、旧・土佐藩士の細川潤次郎の協力により官許を受け、
正式に神社としての体裁を整えられたそうです。



御祭神は、大己貴命(大國主命)。



JR山手線駒込駅前、本郷通りを挟んだ反対側に鎮座する大國神社。

その出で立ちは普通の神社っぽくない。
(何を基準に普通の神社って言えるかは疑問ですが..........)


正面から見ても鳥居が小さくて、遠目からは神社に見えない。
社頭の門が近代的な都内の寺院のような門構え。
いっしゅん、お寺と見間違えたりします。

      20190125大国神社01


その門に隠れるように建つ社号標。

      20190125大国神社05


手水舎。

      20190125大国神社02


狛犬。

      20190125大国神社03


      20190125大国神社04


      
こちらが拝殿。

      20190125大国神社06



拝殿正面。

      20190125大国神社07



向拝には、兜の飾り(のように見える?)に打ち出の小槌。

      20190125大国神社08



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190125大国神社09



別アングルからの拝殿。

      20190125大国神社10


      20190125大国神社11



そして、こちらが本殿。

      20190125大国神社12

本殿背後にはマンション。
いかにも都心の神社っぽい。




本殿脇の板碑。

      20190125大国神社13



こちらが、社務所。

      20190125大国神社14

御朱印はこちらで拝受できます。


御朱印を待つ間に見つけた社頭の門扉。

      20190125大国神社15

そこには、大黒様の打ち出の小槌。



そして、こちらが御朱印。

      20190125大国神社16

ネットで確認すると、季節ごとに花のスタンプや
ウサギの数が変わったりするらしい。
桜の季節には桜の花のスタンプ、
朝顔の季節には朝顔のスタンプが押されるらしい。

何ヶ月とか何年か経った頃、また御朱印をいただきに来て
その時に見比べて見るのも良いかもしれない。






関連記事
スポンサーサイト



2019/03/21 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit