FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り 田端八幡神社 (2019年1月25日)(東京都北区) 

1月25日

この日は遅番勤務。
12時からの出勤だから、いつもと同じ行動パターンをすれば
午前中に3時間のフリーな時間が作れる。

と言うことで、遅番勤務前の都内散歩。
山手線に乗って田端駅を目指します。

田端駅で電車を降り、向かった先は................田端八幡神社。


田端八幡神社は、東京都北区田端に鎮座する神社です。


文治5年(1189年)、源頼朝が当地の豪族・豊島氏らと共に奥州藤原氏を討伐(奥州合戦)し、
その帰路に当地に立ち寄り、鎌倉・鶴岡八幡宮を勧請して、旧田端村の鎮守としたことに始まります。

どうも創建の由緒は近くに鎮座する『上田端八幡神社』と同じであり、
元来は一つの神社が諸般の事由(いわゆる大人の事情って言うやつ)で
分かれてしまったと考えられるそうです。

室町時代には、豊島氏を滅ぼした太田道灌が当地に出城を築城したことから、
城山八幡とも呼ばれたそうです。

江戸時代になって、田端八幡宮と称されるようになりました。



御祭神は、品陀和気命。



こちらが、社号標。

      20190125田端八幡神社01



社号標の脇の参道口。

      20190125田端八幡神社02


田端八幡神社の説明板。

      20190125田端八幡神社03



参道の神輿庫。

      20190125田端八幡神社04



一の鳥居。

      20190125田端八幡神社05


一の鳥居の先にも神輿庫が並びます。

      20190125田端八幡神社06


      20190125田端八幡神社07



こちらが、二の鳥居。

      20190125田端八幡神社08


参道に建つ由緒書き。

      20190125田端八幡神社09


手水舎。

      20190125田端八幡神社10



こちらが拝殿。

      20190125田端八幡神社11



拝殿正面。

      20190125田端八幡神社12


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190125田端八幡神社13



別アングルからの拝殿。

      20190125田端八幡神社14


      20190125田端八幡神社15



そして、こちらが本殿。

      20190125田端八幡神社17



見た感じ、社殿が新しく見える。
それもそのはず、創設は古い田端八幡神社。
社殿は太平洋戦争の空襲で一度消失しました。
戦後、再建されましたが、平成2年大喪の礼に反対する輩に火をつけられ
社殿が消失してしまい、平成4年に再建されたそうです。

 
     
拝殿前の狛犬。

      20190125田端八幡神社18


      20190125田端八幡神社19



境内社。

      20190125田端八幡神社20


      20190125田端八幡神社21


      20190125田端八幡神社22



神楽殿。

      20190125田端八幡神社23



こちらも神輿庫でしょうか?

      20190125田端八幡神社24


      20190125田端八幡神社25



こちらは、社務所。

      20190125田端八幡神社26

扉は閉まっていて、普段から無人のようです。


閉められた授与所のカウンターには、セルフ方式の御朱印。

      20190125田端八幡神社27


手持ちの半紙に押してみました。

      20190125田端八幡神社28


墨書きが無いと味気ないけれど、これはコレで乙なモノ。
以前は、書き置きの御朱印対応だったそうですが
まあ、神職さんの都合もあるでしょう。
セルフの御朱印でも良しとしなくては.......................ねっ?



関連記事
スポンサーサイト



2019/03/19 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit