FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

愛宕山公園     (2019年1月20日)(茨城県稲敷郡河内町) 

1月20日

この日は、茨城県の河内町、並びに稲敷市に出かけました。


何年も前から、ネットで調べてチェックはしていたんだけど
なかなか訪れる機会がなかった場所。
考えてみたら、待っていても訪れる機会はやって来るわけじゃないから
自分から行かなくっちゃ!ね。

と言うわけで、田川分校跡をあとにして
向かった先は..................愛宕山公園。

愛宕山公園は、柴崎地区の愛宕山という小高い岡の上に鎮座する愛宕神社周辺に
児童遊具や自然散策路などが整備された公園です。
平成17年に誕生した稲敷市以前の旧・新利根町(平成8年以前は新利根村)の
愛宕山町(村)民公園が、そのまま愛宕山市民公園となりました。

その公園の中核となるのが、愛宕神社です。
火伏せの神である火産霊命(ヒムスビノミコト)が主祭神として祀られ
天文年間(1532年~1554年)に同地区の竹ノ内に創建され、
正保2年(1645年)に現在の寄居の地に移されたとされています。


車が数台停められる、台地下の駐車場。
こんな案内看板も建てられています。

       20190120愛宕山公園01



元々は愛宕神社が鎮座する台地周辺が園地。
先ずは、愛宕神社に向かいましょう。


社頭の一の鳥居。
       20190120愛宕山公園02



こちらが、二の鳥居。

      20190120愛宕山公園03



二の鳥居の神額。

      20190120愛宕山公園04



社号標。

      20190120愛宕山公園05



この石段を上がって行きます。

       20190120愛宕山公園06



石段中腹の石祠。

       20190120愛宕山公園07


石段はまだまだ続く。
びいすけ は元気いっぱい。

       20190120愛宕山公園08

私は息が上がります。
頑張れ! びいすけ父さん(笑)。



石段中腹の標柱。

      20190120愛宕山公園09



石段を上りきりました。

視界の先には愛宕神社の社殿が見えます。

      20190120愛宕山公園10


      20190120愛宕山公園11



愛宕神社の由緒書き。
  
      20190120愛宕山公園12



手水舎。

      20190120愛宕山公園13



愛宕神社拝殿。

      20190120愛宕山公園14


愛宕神社本殿。

      20190120愛宕山公園15



本殿裏手には石祠が並ぶ。

      20190120愛宕山公園16


      20190120愛宕山公園17


      20190120愛宕山公園18


やばい!!
ここまでの記事だと、単なる愛宕神社参拝記で終わってしまう。



本殿裏手からが、愛宕山公園の真骨頂。

本殿裏手にも公園案内図は完備。
散策路を確認して進みましょう。

      20190120愛宕山公園19



狭いながらも。台地の中を進む散策路。

      20190120愛宕山公園20


こう言った散策路を進むのは嫌いじゃない。

      20190120愛宕山公園21



何となく、腰曲輪のような削平地もあったりして
ひょっとしたら無名な城址?などと思ったりしちゃいます。

      20190120愛宕山公園22

一応、ネットでも調べてみる限り、近くに東条城址はあるけれど
この愛宕山公園が城址だと言う記載はない。



でも、それらしい雰囲気は持っている。

      20190120愛宕山公園24



びいすけ も匂いを嗅ぎながら、先を急ぐように進んでいく。

      20190120愛宕山公園25


元来、こう言った雑木林の中を散策するのが好きだから
必然的に付き合わされる びいすけ も好きになったんでしょう。

      20190120愛宕山公園26



先に行っては、遅れてくる私を待っている。

      20190120愛宕山公園27



って言うか、大きな声で『待て!』と叫んで待たせています(笑)。

      20190120愛宕山公園28


この辺りの削平地も郭跡に見えてしまう。

      20190120愛宕山公園29


これなんか、櫓台のように見えちゃうんだよなぁ。

      20190120愛宕山公園30



こうなると、単なる『城馬鹿』としか言えない(笑)。

      20190120愛宕山公園31


何だかんだと、駐車場から愛宕神社経由で30分近くの散策。
こう言った散策も楽しいものです。




関連記事
スポンサーサイト



2019/03/18 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit