FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.........................金江津側高神社  (2018年1月20日)(茨城県稲敷郡河内町) 

1月20日   

この日、茨城県の利根川沿いにある河内町に出かけたのは
金江津 側高神社に行くためでした。

普段は無人の神社ですが、1月20日は宮司さんが神社にいらっしゃると言う事で
都合の良い時間である朝9時半頃と指定を受けて、この日訪れました。

金江津 側高神社は、稲敷郡河内町金江津に鎮座する神社です。


文永年間(1264年~1274年)のある朝、漁をしていた男に白髭の翁が現れ、
「吾は大倉の神ぞ。われを厚く祀れば諸難、殊に火難を除くべし」と告げて消えました。
すぐさま男は村人に諮り、大倉(香取市)の側高神社の御分霊を迎え大嶋川岸に祀り、
鎮守の神としのが始まりとされています。

御祭神は、 天津彦火火出見命。


こちらが、一の鳥居。

      20190120側高神社01



一の鳥居に掲げられた神額。

      20190120側高神社02



手水舎。

      20190120側高神社03



二の鳥居。

      20190120側高神社04


境内の参道。

      20190120側高神社05



神社幟。

      20190120側高神社06

神社幟が立っているということは、この日は例祭日でしょうか?




こちらが、拝殿。

      20190120側高神社07



拝殿正面。

      20190120側高神社08



別アングルからの拝殿。

      20190120側高神社09



そして、こちらが本殿。

      20190120側高神社10



本殿の説明板。

      20190120側高神社11

この本殿は、河内町の指定文化財になっているようです。



拝殿前の天水桶。

      20190120側高神社12



その脇には狛犬。

      20190120側高神社13


      20190120側高神社14



こちらは、境内社の稲荷神社。

      20190120側高神社15



同じく境内社の皇大神宮。

      20190120側高神社16



境内の石祠。

      20190120側高神社17


      20190120側高神社18



石祠に混じって、青面金剛刻像 。

      20190120側高神社19

このあたりは、神仏習合の名残りが色濃い。



板碑も多く建ち並ぶ。

      20190120側高神社20


      20190120側高神社21


      20190120側高神社23


      20190120側高神社24



戦没者碑。

      20190120側高神社22

いわゆる忠魂碑。



こちらが、御朱印。

      20190120側高神社25


拝殿内で宮司さんに墨書きしていただきました。
氏子さんたちが集まる直前の、多忙な時間を割いて頂きました。
ありがとうございました。





関連記事
スポンサーサイト



2019/03/15 Fri. 15:15 | trackback: -- | 本文: -- | edit